子育て情報『イヤイヤ期だって成長の証!2歳児に「ダメ!」と言わずに済む叱り方』

2018年2月24日 21:45

イヤイヤ期だって成長の証!2歳児に「ダメ!」と言わずに済む叱り方

目次

・▼「イヤイヤ期」って本当は素晴らしい成長の証
・▼「ダメ」と言わない叱り方って?
・▼「してほしくないこと」ではなく「どうしてほしいか」を伝える
・▼それでも「ダメ」と強く怒ってしまったときは…
イヤイヤ期だって成長の証!2歳児に「ダメ!」と言わずに済む叱り方
source:http://www.shutterstock.com/
2歳を過ぎると“自我”が芽生え、子ども自身が主張したり、自らの気持ちで行動することが多くなります。

それを世では「魔の2歳児」とか「イヤイヤ期」と呼んでいます。

その時期の付き合い方を、4人の子育て中で、元幼稚園教諭の筆者と一緒に考えてみましょう。

イヤイヤ期だって成長の証!2歳児に「ダメ!」と言わずに済む叱り方


▼「イヤイヤ期」って本当は素晴らしい成長の証

イヤイヤ期の時期は実は、“秩序”を重んじる時期なのです。

いつもの順番とか、いつもの場所、そして、自分がやりたかったという欲求が通らなかったときに、大爆発するのです。つまり、そういった秩序感が身についてきたということなのです。

例えば、お出かけのときに、急いでいたらママが靴を履かせた途端「イヤ!」の嵐。

子どもはいつもは自分で靴を履くから、今日も自分で靴を履きたかったのです。それが、いつもとは違うことへの「イヤ!」なんですね。

この時期の子どもが秩序感を大切にしているこが分かっていれば、ママの子どもがどうしてイヤイヤをするのかが理解しながら対応できるのではないのでしょうか。

▼「ダメ」と言わない叱り方って?

イヤイヤ期だって成長の証!2歳児に「ダメ!」と言わずに済む叱り方
source:http://www.shutterstock.com/
それでも、やってほしくないことをやるのが子ども。

何でもかんでも、思わず「ダメ」「ダメ」って言っていませんか?

そして「ダメ」ばかり言う自分に嫌気がさしてしまったり。

叱り方って何でしょう。

そもそも叱るってどんな時でしょうか?

実は、ママ(パパが)その行為を子どもにして欲しくないときですね。

それならば「○○はやめてね」「ママはイヤな気持ちになるからしないでね」と、ママの気持ちを伝えましょう。

ママの気持ちを伝えることを心掛けるだけで「ダメ」と怒る回数がぐっと減ると思います。

関連記事:「ダメ!」と言っても聞かない子には、どうしたらいいの?

▼「してほしくないこと」ではなく「どうしてほしいか」を伝える

例えば、子どもが食べ物をわざとこぼしたとします。

第一段階は「ママはご飯をわざとひっくり返さないで欲しい。それはママは嫌だよ」というメッセージを伝えることです。

そして、更に第二段階は「ママはご飯を食べてほしかったな。食べたくなかったらごちそうさまをしようね」と、してほしかった行動を伝えます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.