子育て情報『4月から職場復帰するママへ!平日に家事をこなす時短テクニックとは?』

4月から職場復帰するママへ!平日に家事をこなす時短テクニックとは?

2018年3月5日 21:30
 

関連リンク

・友だちとのトラブル。親はどう対応する?
・子ども部屋・寝室でも活躍!エコで安全な「ソネングラス」って?
・妊娠初期、これならイケた!食べつわり時期を救ってくれた食べ飲み物4選
4月から職場復帰するママへ!平日に家事をこなす時短テクニックとは?
source:http://www.shutterstock.com/
だんだんと春が近づいていますが、新生活への準備は出来ていますか?

育休中だったママの中には保育園が決まり、4月から職場復帰される方も多いのではないかと思います。

出産前と後では働き方はがらっと変わるはず!出産したけどバリバリ働きたいというママも、実際に職場に戻ってみた時にギャップで悩む方もいらっしゃるかと思います。

実際に筆者も昨年の春に元いた職場に復職したのですが、やはり子どもの有無で働き方は大きく異なり復帰直後は四苦八苦しておりました。

今回はフルタイムで働いている筆者の経験を元に、うまく仕事&家事をこなすコツをご紹介いたします。

4月から職場復帰するママへ!平日に家事をこなす時短テクニックとは?


▼平日のワーママタイムスケジュールをご紹介!

4月から職場復帰するママへ!平日に家事をこなす時短テクニックとは?
Photo by author
実際にワーママである筆者の平日タイムスケジュールをご紹介します。

6:00     起床

6:00~6:30    朝食準備

6:30~7:00    朝食&フリータイム

7:00~7:15    家事

7:15~7:30    着替え・化粧

7:30~7:50    子どもの準備

7:50~8:05    移動

8:05~8:10    保育園送迎

8:15~17:30  仕事

17:45~18:00保育園お迎え

18:00~18:15移動

18:15~18:45夕食作り

18:45~19:15夕食&フリータイム

19:20~19:40入浴

20:00~20:10子どもの寝かしつけ

20:10~22:00家事&フリータイム

22:00            就寝

平日はほぼこのようなスケジュールになっています。ただ仕事で残業になったり、会議が定時前後で発生したりすると多少変更になったりします。

スケジュールを見て分かるように、フリータイムの時間がなかなか確保出来ないことと、仕事の時間も制約されてしまうのでいかに効率よく仕事と家事をこなすかがポイントになってくるかと思います。次は筆者含めママ友から聞いた、ワーママが時間をうまく使うコツをいくつかご紹介させていただきます。

関連記事:職場復帰間近!今どきワーママ「お仕事モード」へのスイッチング術

▼コツは時間の生み出し方!?ワーママの時短テクニック

(1)家事の時間を節約!万能家電をうまく活用しよう!
4月から職場復帰するママへ!平日に家事をこなす時短テクニックとは?
Photo by author
例えば掃除に関して、毎日掃除をするのは結構時間ロスになってしまうので、筆者の場合は”平日の掃除はお掃除ロボットにまかせて、細かい掃除は週末に”とルールを決めて過ごしてます。

また、ママ友は食器洗浄機を導入して、皿洗いの時間を節約していました。

それ以外にも例えばドラム式洗濯機で洗濯~乾燥までをお願いするなど、万能家電を駆使して家事の時間を節約してみて下さい。

関連記事:ワーママの「平日の夕飯作り」を助けるアイテム&テクニック

(2)たまには息抜き!外食やお惣菜を活用しよう
働いて帰ってきて、すぐに子どものご飯を作る毎日って結構大変ですよね。

残業とかすると家に着く時間も後ろ倒しになってしまうので、子どもの睡眠時間に影響が出て悪循環ってこともあると思います。

筆者の場合は残業で少し遅くなった時や体力的に料理がつらい時、または華金などは息子とデートがてら外食したり、惣菜を買って家ではご飯を炊くのみにするなどを行っています。

またママ友はネットスーパーなどを利用して家に着く時間にお弁当を届けてもらったり、週末に作り置きをしてそれを温めるだけにしたり、色々工夫して平日の料理にかかる体力や時間を削減しているようです。

(3)公私混同せず!仕事の時間は仕事に集中
保育園のお迎えもあるので、なかなか残業出来ないですよね。なので勤務時間の間は仕事に集中し効率良く業務をこなしましょう。

筆者の場合は周りより1時間早く出社し、メールの確認や今日のタスクの洗い出しなどを行ってから、1日のタイムスケジュールを決めます。

そうすることで次に何やらなきゃいけないかをすぐ確認したり、他者依存のタスクを早めに他者に確認することで業務時間終了後に慌てることがないようにしています。

またママ友は、今日は残業しなければいけないって時は早めに両親や夫に連絡し、代わりに保育園の迎えを頼み、その日は仕事にだけ集中する日と決めて、育児も仕事も両方頑張ると決めているそうです。 

しばらく離れた職場に復帰するだけでも大変なのにプラス育児だとママはいっぱいいっぱいになると思います。

早めに対策を考えて“育児も仕事も頑張る”素敵なワーママライフを送って下さいね。

【画像】
※ 著者撮影
※ George Rudy / George Rudy

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.