子育て情報『知ってる?ひなまつりに隠された「女の子の性教育」』

2018年2月25日 21:45

知ってる?ひなまつりに隠された「女の子の性教育」

目次

・▼ひなまつりの起源とは
・▼桃の節句の由来
・▼ひなまつりの定番食べものにかくされたヒミツ
・▼女の子の幸せを願う行事
知ってる?ひなまつりに隠された「女の子の性教育」
photo by It Mama
3月3日は「ひなまつり」。

週末にお雛様を飾られた家庭も多いのではないでしょうか。

女の子の幸せな未来を願うこの日には、結婚前の女の子に対する“性教育”としての深い意味が隠されていたとも考えられています。

日本人の子孫繁栄を願う知恵を知ると、ひなまつりの見方が変わるかもしれません。

そこで今日は伝統行事のひなまつりに隠された性教育について、助産師の筆者が三砂ちづるさんのwebマガジン『少女のための性の話』などを参考にご紹介していきます。

知ってる?ひなまつりに隠された「女の子の性教育」


▼ひなまつりの起源とは

ひなまつりの起源は不明ですが、平安時代には“流し雛”として災厄よけと守り雛として祀られていた記録もあり、昔から雛人形は女の子の健康と幸せを願う日だったようです。(※1・2)

それだけではありません。

女の子へ、男性や性的なことについての知恵をさずける“性教育の日”として、ひなまつりに食べるものには、女の子へ伝えたい知恵がちりばめられているとも考えられているのです。(※3)

関連記事:和装派 or 洋装派どっち?「初節句人気コーデ」3選

▼桃の節句の由来

たとえば桃の節句の「桃の花」。

桃の花言葉は「あなたのとりこ」。

昔から中国では桃は“仙人の果物”として重宝され、多くの実をつけることから豊穣と多産の象徴とされていました。

桃色=ピンク色を、“ピンク映画””ピンク産業”のように表現するのも、性的な意味合いをイメージするからなのでしょう。

▼ひなまつりの定番食べものにかくされたヒミツ

(1)ちらしずし

知ってる?ひなまつりに隠された「女の子の性教育」
source:http://www.shutterstock.com/
ひなまつりの定番であるちらしずしには、女の子に伝えたい意味が込められています。

「高野豆腐のように甘い人、ゴボウのように歯ごたえがある人、ちりめんじゃこのように頼りない人いろいろな男の人がいるけれど、みんな散らして、しっかりかみ分けて、自分に合った男の人を選ぶんですよ」と。(※3)

「世の中にはいろんな男性がいるんだよ」という意味から、ちらしずしは具を多く入れるといわれています。

(2)ハマグリのお吸い物

知ってる?ひなまつりに隠された「女の子の性教育」
source:http://www.shutterstock.com/
二枚貝のハマグリは、貝殻の合わせがほかの貝だとぴったり合わないことから、夫婦の仲の良さ(夫婦和合)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.