子育て情報『公園や児童館デビューが上手くいく!ママ友と「良好な関係を保つコツ」』

公園や児童館デビューが上手くいく!ママ友と「良好な関係を保つコツ」

2018年3月6日 22:00
 

目次

・▼自分はそうなっていない?警戒されるママの特徴
・▼良いママ友の見分け方ってあるの?ママ友は必要?
・▼ママ友との信頼関係の構築方法は?
公園や児童館デビューが上手くいく!ママ友と「良好な関係を保つコツ」
source:http://www.shutterstock.com/
赤ちゃんの頃は自宅で過ごすことが多かったというママも、子どもが歩き出す前後からは外に出るようになります。

公園や児童館に行ったり、検診や習い事からママ友ができたという人もいると思います。

ママ友が増えるにつれ、また関係が深くなるにつれてママ友の悩みを抱える人もいます。

今回は、そんなママ友との関係からみる「良いママ友」の見分け方、関係の保ち方をお伝えします。

公園や児童館デビューが上手くいく!ママ友と「良好な関係を保つコツ」


▼自分はそうなっていない?警戒されるママの特徴

一般的にNGだと思われがちなママ友は次のとおりです。

・悪口が多いママ
・プライベートなことをやたら聞いてくるママ
・相手を否定するママ
・自慢ばかりのママ
SNSで承諾もなく人の子をアップするママ

まず、人の悪口を言う、特に他のママ友の悪口が多いと警戒しますよね。

いつか自分も悪口を言われそうですし、その悪口に共感していると思われるのも困ります。

プライベートを聞きたがるママもいます。「夫の仕事を聞いてくる」「家計事情(収入)を知りたがる」「子どもの受験先や塾を聞きたがる」など、家庭のことに踏み込まれると引いてしまうようです。

また、「それってダメだよねー」などと相手を否定するママもいれば、「1年に2回は海外旅行に行くの」と自慢ばかりのママ、SNSに写真や動画を勝手にアップしてしまうママなど、防犯という意味も含めて困るママ友もいます。

関連記事:お出かけで「ママ友トラブルになりがちな場面&NG発言」はコレ!

▼良いママ友の見分け方ってあるの?ママ友は必要?

一般論をお伝えしましたが、筆者が考えるに「良いママ友」は「自分に合うママ友」です。

当然だと思った方も、今一度思い返してみてください。

「○○くんのママ、やりすぎよね」と噂を耳にしたら、○○くんのママのことを“やりすぎたママ”だと認識してしまっていませんか?

「自分に合うママ友」を見つけるためには、間接的な情報に惑わされないことが大切です。人から伝え聞いたことは、真偽も含めて大げさになっている可能性もあります。直接話してみて、時間をかけて判断しましょう。

時々「ママ友が少なくて」と焦っている人がいますが、簡単にすぐには「自分に合うママ友」は見つからないと割り切ったほうが楽です。

わざわざ相手に合わせる必要もなく、自分なりのペースでお付き合いできるか、これが「自分に合うママ友

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.