子育て情報『「乳児揺さぶり死」事件…母親だけが悪いの?』

「乳児揺さぶり死」事件…母親だけが悪いの?

2018年3月9日 21:30
 

目次

・▼この事件の背景は?「母親だけ」が悪いの?
・▼「声にならない叫び」は誰にも届かなかったのかも…
・▼似たような事件はまた起こる?
「乳児揺さぶり死」事件…母親だけが悪いの?
source:http://www.shutterstock.com/
先日、母親による「乳児揺さぶり死事件」が報道されました。詳細は以下の通り。(※1)

埼玉県新座市で昨年8月、生後約2カ月の次男に揺さぶる暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた、母親で当時19歳だった女の裁判員裁判の判決公判が1日、さいたま地裁で開かれ、高山光明裁判長は懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑・懲役4年)を言い渡した。
(中略)
母親は午前4時ごろに起きて夫の弁当を2食分作り、午後7時ごろに夫が帰宅する前に夕食を準備。掃除、洗濯に加え、乳児2人の世話を一人でこなしていた。両親とは疎遠な関係で、夫の父は子どもを預かってくれることがあったものの、体調が悪いため頼りきれなかったとした。夫とはけんかが多く、一方的に強く言われていたという。
当日は長男の1歳半検診があり夕方に帰宅。雨でぬれた洗濯物の処理と夕食の準備に追われる中で次男が泣き出し、「焦り、疲れがあった。何をしても泣き止まずいらいらしてやってしまった」と泣いて認めた。

事件当時母親は19歳。

生後1歳半と2ヶ月の2児を育児中で、両親とは疎遠な関係で、夫とはケンカが多く育児はほとんど1人でこなしていたと伝えられています。

今日は助産師の筆者が、このニュースとその背景を知り感じたことについてお伝えします。

「乳児揺さぶり死」事件…母親だけが悪いの?


▼この事件の背景は?「母親だけ」が悪いの?

この事件はまだ2ヶ月の赤ちゃんが亡くなった悲しい事件です。幼い命を奪ってしまった母親のしたことは当然許されないと思います。

けれど、この“母親だけ”が悪いのでしょうか?

生後2ヶ月ということは、ママは産後2ヶ月です。産後2ヶ月はまだ体がつらい時期で、以下のような症状が現れる時期です。

・腰が痛い
・頭が痛い
・目がしょぼしょぼする
・おっぱいの張りや痛みを感じる
・ホルモンの関係で、涙が出たりイライラする

ましてや、1歳半はまだよちよち歩きの頃でトイレももちろんひとりでは行けません。

ご飯を作ってもぐちゃぐちゃにこぼすことや、大声で突然泣き出すのが日常です。1歳半を寝かしてホッとしたら、赤ちゃんが「びえ~っ」と泣き出す。赤ちゃんが寝ついたら、1歳半の子がいたずらを始める。

かんしゃくを起こして、2人が同時にのけぞって泣くこともあるでしょう……。


関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.