子育て情報『流産の手術~命の重さ~【不育症シリーズ #3】』

2018年4月7日 21:30

流産の手術~命の重さ~【不育症シリーズ #3】

目次

・▼子宮内掻爬(しきゅうないそうは)手術とは
・▼1泊入院をして行われた手術
・▼多くの方に知ってもらいたい「母体への負担」
流産の手術~命の重さ~【不育症シリーズ #3】
source:https://www.shutterstock.com/
妊娠はできるけれども、流産や死産を繰り返してしまうことを「不育症」と呼びます。

2度の流産・子宮内掻爬(しきゅうないそうは)手術を経験し、「不育症」と診断された過去をもつ保育士の筆者が、不育症について自身の体験エピソードをもとにお伝えしてく連載第3回目。

今回は“流産の手術~命の重さ~”です。

流産の手術~命の重さ~【不育症シリーズ #3】


▼子宮内掻爬(しきゅうないそうは)手術とは

流産、初期人工中絶などに対して行われる手術です。手術といっても、お腹を切り開くものではありません。

妊娠初期(12週未満)に、子宮内容除去術として掻爬法(そうは法、内容をかきだす方法)または吸引法(器械で吸い出す方法)が行われます。

子宮口をあらかじめ拡張した上で、ほとんどの場合は静脈麻酔をして、器械的に子宮の内容物を除去する方法です。

通常は10〜15分程度の手術で済み、痛みや出血も少ないので、体調などに問題がなければその日のうちに帰宅できます。(※1)

▼1泊入院をして行われた手術

●前日の処置

病院によって日帰りで済むところもあるようですが、私の場合は1泊入院での手術でした。入院してすぐに出血があり、実際に血を見ると「あぁ、もう本当にお別れなんだな…」と最後の最後に納得できました。

手術に備えて、体に負担を少なく子宮口を広げておくための処置を受けました。

「ラミナリア桿(かん)」という天然の昆布の根元の部分を加工して作られたものを入れて、少しずつ水分を吸わせることで、一晩かけて手術できる大きさまで広げるというものだそうです。(※2)

ネットで経験談を読んで「少し痛そう、大変そう」とは思っていました。個人差があるようですが、私にはショッキングな体験でした。

婦人科の内診の時のように器具を入れ、子宮口をつまんでおくそうなのですが、それが痛いというか苦しい感じで、なんとも言い表せないつらい時間でした。

「脚は開いてー!力抜いてー!!」
「頑張ってーーー!!」
「息してーーー!!」

女医さんと看護師さんに出産さながらの声援を送られながら、なんとかラミナリア桿も入り、処置が終わる頃には汗びっしょり……。呼吸がうまくできていなかったようで、酸欠で手足の先がビリビリしていましたが、処置後には何の痛みもありませんでした。

思ったことは1つ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.