子育て情報『病気の心配は…?赤ちゃんの「頭が大きい」原因と対策』

病気の心配は…?赤ちゃんの「頭が大きい」原因と対策

2018年3月26日 21:00
 

関連リンク

・【不安にならないで】わが子が発達障害かもしれないと感じたら読みたい記事14選
・上の子のイヤイヤ期×赤ちゃん返り!乗り切る原動力は、やっぱりアレだった
・ICD-10、ICD-11とは?ICD(国際疾病分類)の概要、DSMとの違いなどについて解説します
病気の心配は…?赤ちゃんの「頭が大きい」原因と対策
source:http://www.shutterstock.com/
子どもが生まれると、発達や成長が気になるパパやママは多いもの。

中には、「うちの子の頭はちょっと大きいんじゃないかな?」と頭の大きさについて悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、赤ちゃんの頭の大きさについて、詳しくご紹介します。

▼頭の大きさの平均値ってどれくらい?

まずは、子どもの頭の平均的な大きさがどれくらいなのかについてご紹介します。

子どもの頭の大きさ(頭位)は、左右の眉の直上を通るようにして測定します。

日本では、10年ごとに乳幼児身体発育値の調査が行われていて、直近では平成22年に調査が行われています。

その調査によると、子どもの頭の大きさ(頭位)は、生まれたばかりの0歳の男の子で30.5cmから36.0cm(※1)、女の子で30.5cmから35.5cmとなっています(※2)。

成長につれて、1歳の男の子で43.5cmから48.7cm、2歳の男の子で45.9cmから51.5cm、3歳の男の子で47.0cmから52.5cmと大きくなります。女の子は、同時期の男の子に比べて少し小さめになっているようです。

関連記事:「赤ちゃんの頭のカタチ」に影響するかも…!? 知っておきたい5つのNG習慣

▼頭が大きくても平気?病気の可能性は?

子どもの頭位は、生まれてすぐは胸囲より1cm程度大きいものの、生後4ヶ月頃には、胸囲より小さくなります。

もし、生後4ヶ月以上経過しても頭位が胸囲より5㎝以上大きい場合は、注意が必要となります(※3)。

母子手帳に掲載されている「乳幼児身体発育曲線」のカーブに沿って大きくなるようであれば、心配ありません。

もし赤ちゃんの頭が発育曲線に沿っていない場合、

・遺伝性のもの
・水頭症
・ソトス症候群
・自閉症
・発達遅滞

等が考えられるでしょう。

なかでも急に大きくなった場合には、水頭症である可能性が考えられます。

水頭症は、脳の内部に脳脊髄液が過剰に溜まる病気であり(※4)、頭が大きくなるという症状の他に、視点が合わない、おう吐などの症状が見られます(※5)。また、生まれた時から頭が大きく、過成長が目立つ病気として、ソトス症候群があります。

ソトス症候群は、染色体異常が原因で、難病指定されている病気です。頭が大きいという症状の他に、精神発達の遅れや、心臓・腎臓に合併症がある場合もあります(※6)。

▼頭の変形は外来で治療ができる

赤ちゃんの頭の大きさの他にも、「後頭部が絶壁」「左右どちらかがつぶれている」など、頭の形が気になることもあります。

頭蓋変形の原因は、胎内からのものや抱き癖などの可能性もあるようですが、「頭蓋骨縫合早期癒合症」など(※7)、病気の可能性もあるため、気になる場合は病院を受診されることをオススメします。

関連記事:赤ちゃんの頭の形を良くしたい!「向き癖」に注意するのはいつまで?

▼「病気かな?」と思ったら…

病気の心配は…?赤ちゃんの「頭が大きい」原因と対策
source:http://www.shutterstock.com/
周りの子どもと比べて頭が大きいと、「病気かな?」と気になるかもしれませんが、1ヶ月健診の後も、3ヶ月健診、7・8ヶ月健診、1歳健診と定期的に子どもの健診はあります。

健診を受診することで、頭が大きい原因が病的なものなのかどうか診断をしてもらうことができます。

病的なものであれば、専門の病院で適切な治療を受けることが可能となります。

気になるときは、まずは相談してみましょう。

水頭症など急激に頭が大きくなる病気などは、日ごろから赤ちゃんの様子をチェックしておくことで気付くことができるので、こまめに様子を見てあげるといいですよ。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【参考・画像】
※ 平成22年乳幼児身体発育調査の概況について – 厚生労働省
※1 乳幼児(男子)身体発育曲線(頭囲) – 厚生労働省
※2 乳幼児(女子)身体発育曲線(頭囲) – 厚生労働省
※3 乳幼児健診Q&A – 神戸大学大学院医学研究科
※4 絵で見る脳と神経の病気 – 東海大学病院脳神経外科
※5 胎児期水頭症の診断と治療(生後の対応とケア) – 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター)
※6 ソトス症候群(指定難病194) – 難病情報センター
※7 頭蓋骨縫合早期癒合症 – Neuroinfo Japan
※ Kseniya Ivanova,didesign021 / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.