子育て情報『慣れない集団生活…「保育園入園後の子ども」に起こる変化とは?』

慣れない集団生活…「保育園入園後の子ども」に起こる変化とは?

2018年4月11日 21:00
 

関連リンク

・ちょっと待ってよ!子どもと2人っきりにすると決まってこうなるパパ流育児!
・専門家の素顔に迫る(2)汐見稔幸さん(東京大学名誉教授 教育学)
・ママの仕事復帰で、子どもの昼寝サイクルが変わって夕方ぐずり・夜泣きが悪化…‼【連載第9回】
source:https://www.shutterstock.com/
4月から保育園入園が決まっても、集団生活になじめるのかなど不安は多々ありますよね。

入園後から様々な子どもの変化に悩んでしまうということも、保育園へ通い始めたママたちからよく聞かれます。

そこで今回は、元保育園の園長で様々な子どもの成長を見守ってきた筆者が、入園後に見られる子どもの変化とその対応方法についてお伝えします。



▼入園後に現れやすい症状、心の変化って?

保育園に入園してしばらくすると、家庭内での子どもの様子に変化が現れることがあります。

筆者が勤めていた保育園でも、4月から5月頃は保護者からよく相談されることがありました。

0~1歳児のママたちが特に悩んでいた入園後の子どもの変化は次のようなことです。

・突然後追いが始まり、ママが少しでも離れると激しく泣く。

・夜泣きをする。

・断乳したはずなのにおっぱいを欲しがる。

・家で泣く時間が急激に増えた。

保育園生活が始まるとママはやることが何倍にも増えて、とにかく大忙しです。

そのような中で、今までにない子どもの泣きや後追いなどが始まると、ママも心身ともに疲れ果ててしまいますよね。

 

▼保育園の先生が0~1歳児にしているケア

赤ちゃんたちにとって新しい環境と初めての集団生活、さらにママと離れるということは、不安やストレスを少なからず感じてしまいます。

もちろんストレスをずっと感じているわけではなく慣れれば自然と楽しく過ごすことができますが、保育園では1日でも早く慣れるように一人ひとりに合わせたケアを行っています。

多くの園では、子どもと保育士の信頼関係をまず第一に考え、安心できるような環境づくりを心掛けています。

その方法として、次のような対応をしています。

・家庭での様子をできるだけ細かく聞き、少しでも家庭環境に近づける。

・落ち着くまで抱っこやおんぶをして安心感を与える。

・保育士を担当制にし、特定の保育士との信頼関係を築けるようにする。数日で園生活に慣れる子もいれば、1ヶ月以上かかる子もいるなど、個人差があります。

慣れてしまえばどの子も変わらず笑顔で過ごすことができるので、慣れるまでの速さはあまり気にする必要はないでしょう。

 

▼家庭でできる、保育園に通い始めた子どもへのケア

source:https://www.shutterstock.com/
子どもに見られる変化のほとんどは、“パパ・ママの愛情”で解決できるものです。

仕事が始まると、日常生活が一変して育児に余裕なんて全くないかもしれません。

でも、子どもが保育園に慣れるまでの間は今まで以上に“愛情”を注いであげましょう。

たくさん抱きしめて、「パパとママはあなたのことを世界一愛しているからね。」と伝え続けてあげれば、子どもは安心して自然と家庭でも落ち着いて過ごすことができるようになるはずです。

逆に、忙しさから後追いしている子を無視したり、泣いている子を放っておくと、子どもの不安な気持ちが消えず保育園に慣れるのも遅くなってしまいます。

 

保育園に入園直後は、このような子どもの変化に戸惑い、入園を後悔することもあるかもしれません。

でも数ヶ月経てば、わが子が保育園でたくましく成長したことを実感できることでしょう。

その日が来ることを信じて、今はわが子とゆっくり過ごせる貴重な時間を大切に過ごしたいものですね。

 

【画像】
※ Oksana Shufrych,George Rudy / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.