子育て情報『【おっぱいの悩み】母乳が足りない? 実は違うのかも』

【おっぱいの悩み】母乳が足りない? 実は違うのかも

2018年4月3日 21:00
 

目次

・▼そもそも母乳不足の症状とは?
・▼母乳不足と「母乳不足感」
・▼母乳不足はだれかと比較ができない
【おっぱいの悩み】母乳が足りない? 実は違うのかも
source:http://www.shutterstock.com/
母乳の出が良くないと悩んでいるママは少なくありません。

「母乳でおなかいっぱいにしてあげたい」のは、母親として当然の願いです。

筆者が今まで8,000人以上の母乳育児相談に関わってきました。そのなかで「母乳不足」という表現は果たして正確なのか?と考えてきたことについてまとめました。

【おっぱいの悩み】母乳が足りない? 実は違うのかも


▼そもそも母乳不足の症状とは?

「母乳の出が良くない」と自分を責めて、落胆しているママは少なくありません。筆者がこれまでみてきたママの中には、そのことが原因で産後うつになるほど自信をなくしてしまう方もいらっしゃいます。

でもちょっと立ち止まって考えてみませんか?

「母乳の出が良くない」と感じているのは、どのような理由からでしょうか?

「赤ちゃんがおっぱいを飲み終わってもすぐに泣くから」

「おっぱいを飲み終わっても寝てくれないから」

「搾ってもほとんど出ないから」

「おっぱいが張らないから」

このような理由でしょうか。

上記のような理由は、必ずしも「母乳不足」とイコールにならないのです。

つまり「赤ちゃんが飲み終わってもすぐに泣くから母乳不足」とは限らないし、「搾ってもほとんどでないから母乳不足」とは限らないという意味です。

▼母乳不足と「母乳不足感」

赤ちゃんが母乳を飲んだ後に「すぐにコテッと眠る」ということは、実は幻想だと筆者は思います。

赤ちゃんはママの抱っこが大好きなので、一人で寝かせたらすぐに泣きだすのはあたりまえです。俗にいう“背中スイッチ”です。

【おっぱいの悩み】母乳が足りない? 実は違うのかも
source:http://www.shutterstock.com/
おっぱいを飲み終わってすぐに泣くのは、「もう少ししゃぶっていたかっただけ」ということもあります。気持ちよくママの乳首を吸い続けていたら離されてしまい、「もっと~」と言っているだけかもしれません。

そして、搾乳しても出ないと感じるときは、量が足りないのではなく、自分の母乳を搾るという体験が不慣れでうまくできていないだけなのかもしれません。このように、母乳不足だと心配しているのはただの“母乳不足感”であって、実際はそうではないことがよくあるのです。

▼母乳不足はだれかと比較ができない

たとえが良くないかもしれませんが、月経の経血量で考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.