子育て情報『着替えは1日4回以上!? 出産前に準備したい「新生児肌着」7選』

着替えは1日4回以上!? 出産前に準備したい「新生児肌着」7選

2018年3月28日 21:30
 

関連リンク

・斜視とは?手術で治療できるの?原因や発達障害との関連も解説します
・これさえあれば大丈夫! 出産時・入院時に役に立ったアイテムって?
・紫外線で「外出しない」ママが6割!1児のママ・ヨンアさんのUV対策は?
source:https://www.amazon.co.jp/
生まれたての赤ちゃん、何を着せたらいいのか悩みますよね。

まずは、赤ちゃんのデリケートな肌に直接触れる“肌着”をチェックしましょう!

一言で肌着といっても、色々なタイプの肌着があり、新生児の赤ちゃんにはどのタイプの肌着を準備したらよいのでしょうか?

今回は、3人の子どもがいる筆者が、肌着選びのポイントをお教えします。



▼赤ちゃんの肌着の選び方は?肌着の種類チェック

首や腰が座っていない新生児、肌着を着せるのも寝たままなので、かぶるタイプではない“前開き”のものを選びましょう。

気になる素材は、肌に優しい綿100%がおすすめです。綿100%といっても織り方で肌触りや伸縮性、保温効果や汗の吸い取りなどが変わってきます。

家の中にいることが多い新生児は、季節の関係ない“フライス素材”が使い勝手がいいです。その他、夏はメッシュ素材、冬はニットガーゼ素材などで赤ちゃんが心地よく過ごせるようにします。

また、悩みが多い肌着のカタチ!大きく分けると3つあります。

上半身のみの短肌着、足首やそれ以上の長さがあり股で分かれていない長肌着と、足が出るように分かれているコンビ肌着です。

頻繁にオムツを替える新生児は、短肌着や長肌着を選ぶといいですよ。

新生児が終えると足をバタバタと動かすことが多くなるので、はだけにくいコンビ肌着が活躍します。そして、新品の肌着は、洗剤を使わず一度洗濯し、日光の下で干す“水通し”を行います。

生地が柔らかくなり、販売中の汚れなどが取れるので赤ちゃんの肌に安心して触れさせることができてオススメですよ。

 

▼新生児と新米ママにオススメの肌着7選

(1)ユニクロ「コットンメッシュコンビハダギ」
source:http://www.uniqlo.com/jp/
この“コンビ肌着”は、脇の生地が切り替えずに1枚になっているので、肌への負担が少なく、品質表示ラベルも外側に付いています。

また、洗うとよれてしまう肌着も多いのですが、伸縮性のあるフライス編みで、よれにくい構造になっているのもいいですね。そして、外側は着替えがスムーズに行えるスナップボタン仕様で、内側は赤ちゃんの体型に合うようヒモで留められるようになっています。

 

(2)コンビミニ「ワンタッチ肌着」
source:https://www.amazon.co.jp/
着替えが多い赤ちゃんですが、そんな赤ちゃんの着替えがスムーズになる“ワンタッチテープ”がうれしい肌着です。

ワンタッチテープは、オリジナル開発の柔らかいテープ。スナップやヒモと違い、スーっとなでるだけで着替えが終了です。

頬に触れても痛くないテープなので、うつ伏せになっても赤ちゃんを傷つけることがありませんよ。

また、世界的に有名な綿花で作られているため、肌に優しく、デリケートな赤ちゃんにオススメです。

 

(3)ファミリア「打合せ半袖肌着」
Photo by It Mama
上質な綿100%を使用したファミリアの「打合せ半袖肌着」は、春から秋にかけての赤ちゃんにちょうどいい肌着です。

ヒモで赤ちゃんの体に合うよう調節できるので、新生児から4か月くらいの赤ちゃんまで使用できますよ。

また、何度の洗濯でもほつれないヒモもうれしいです。もちろん、縫い目や品質表示ラベルは外側についています。

 

(4)ミキハウス「ピュアベール天使のはぐ」
source:https://www.amazon.co.jp/
ミキハウスの「天使のはぐ」は、抗菌・抗ウイルスのピュアベール加工で、安心で安全な肌着です。50回洗濯しても抗菌・抗ウイルス効果が持続!

特殊な裁断と縫製で、赤ちゃんのバタバタ手足の動きを妨げない作りなので、赤ちゃんも活発に動けます。

そして、ふんわり柔らかな肌ざわりは、赤ちゃんを心地よい気持ちにさせてくれそうです。

 

(5)プチバトー「長袖前開きボディ2枚組」
子どもの肌着メーカーとして生まれた「プチバトー」は、生まれたばかりの新生児が着るかわいい肌着がたくさんあります。

トレンドを組み込みシンプルな中にも遊び心があり、肌着としてだけではもったいなく感じるものもあります。この“長袖前開きボディ”は、1×1リブ編み素材なので、やわらかな肌触りで快適な着心地!

春夏生まれの赤ちゃんは肌着で過ごすことも多いので、プチバトーの肌着ならそのままお出かけ着にるかもしれませんね。

 

(6)日本製「ワンタッチフライス短肌着」
source:https://www.amazon.co.jp/
”オーガニックコットン”の肌着は、肌のデリケートな赤ちゃんに安心して着せれますよね。日本製なのも安心できます。

こちらの肌着は、着脱しやすいように内側はスナップボタン、外側はマジックテープです!足のついているコンビ肌着もありますよ。

ワンポイントのクマの笑顔もかわいいです。

 

(7)プリスティン・ベビー「新生児コンビ肌着」
source:https://www.amazon.co.jp/
生地は和歌山県、縫製は宮崎県と、すべて日本で行われているオーガニック肌着の国内ブランド“ プリスティン”。

ガーゼタオルで見かけたこともある人が多いのではないでしょうか?

柔らかく気持ちがいい肌触りは、さすが日本製のオーガニック肌着ですね。

これからの温かい季節は、短肌着とセットで家着にしてもいいし、このコンビ肌着とカバーオールで外着にもなります。

 

吐き戻しなど着替えが多い赤ちゃん、筆者の場合ですが、1日に4回程度着替えをします。

毎日1回の洗濯と考えると8枚前後必要となる計算に……。

お下がりの肌着をもらうことがありますが、みんな量が多くビックリ!どのご家庭でも肌着は多めに準備しているようですよ。

色々な肌着を揃えるのも、出産前の楽しみになりそうですね。

 

【参考・画像】
※ ユニクロ「コットンメッシュコンビハダギ」
※ 3月8日(木)に初開講!ユニクロマタニティ教室事後レポート
※ コンビミニ「ワンタッチ肌着」 – Amazon
※ ファミリア「打合せ半袖肌着」
※ ミキハウス「ピュアベール天使のはぐ」 – Amazon
※ プチバトー「長袖前開きボディ2枚組」 – Amazon
※ 日本製「ワンタッチフライス短肌着」 – Amazon
※ プリスティン・ベビー「新生児コンビ肌着」 – Amazon
※ 赤ちゃんの肌着の選びかた 基礎知識 – mikiHOUSE
※ 編集部撮影

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.