子育て情報『夫に「好きオーラ」を出しすぎると危ない理由4つ【勘ちがい妻#09】』

夫に「好きオーラ」を出しすぎると危ない理由4つ【勘ちがい妻#09】

2018年4月6日 21:00
 

関連リンク

・妊娠中おっぱいが大きくなる理由と「乳首の気になる変化」
・なかなか便秘が治らない。どうすれば薬なしでスムーズに出せる?
・子連れで行くホテルのランチブッフェ、効率よく楽しむコツをシェフに聞いてみた!
source:http://www.shutterstock.com/
気になる男性に対しては、”好きオーラ”を出してアピールもしないと、思いに気づいてもらえません。

でも、”好きオーラ”を出しすぎてしまうことは、夫婦関係においてはマイナスに働いてしまうこともあるので、注意はしておくべきでしょう。

そこで今回は、夫に”好きオーラ”を出しすぎると危ない理由を紹介します。



▼夫に「好きオーラ」を出しすぎると危ない理由4つ

(1)「釣った魚にエサをやらない」パターンになる
そもそも男性は、「釣った魚にエサをやらない」パターンに非常になりやすいもの。手に入るまでに必死になって頑張った分、いざ手に入った途端に、どこかもう満たされたかのような気分になってしまうのでしょう。

ただでさえそんな状況なのに、妻から“好きオーラ”が全開で出まくっていたら、「あいつは俺にベタ惚れだから」とさらに夫は図に乗ってしまう可能性もあります。

そうなると、ますますエサをやらない度もアップするでしょうから、好きアピールも限度を越えないほどほど感が大事ですよ。

 

(2)「パワーバランス」がおかしくなる
source:http://www.shutterstock.com/
いつまでもずっと一緒にいられる夫婦というのは、常に対等な関係性でいられるふたりでもあります。

どちらか一方だけの思いが強すぎたりすると、対等性はどんどん薄れていくので、夫婦としての形も崩れやすくなるかも。

お互いに”好きオーラ”を出し合っているのならまだしも、妻だけが”好きオーラ”を出しまくったりすると、夫婦のパワーバランスは確実におかしくなります。

いつしか夫が完全に優位に立ってしまうでしょうから、それに逆らえないような状態にだってなりかねないですよ。

 

(3)夫が「逃げ出したくなる」
source:http://www.shutterstock.com/
毎日のように「好き好き」と言われ続けると、次第にそれは圧迫や重荷に感じられるようになります。付き合いたての頃ならわかりますが、夫婦になってからも妻に頻繁に”好きアピール”をされたら、夫は時として鬱陶しく思うようになる可能性もでてくるでしょう。

また、「私はこんなに好きなのに」とか「あなたは私のことをどう思っているの?」と、夫にも愛情の強要をしたりするのはNGです。

そこまでされると、夫もさすがに窮屈さを感じるでしょうから、逃げ出したい気持ちになってしまうだけだと思いますよ。

 

(4)夫に「浮気心」が芽生える
妻から常に“好きオーラ”を感じられると、夫は心に余裕や安心が生まれます。

それは夫婦関係を続けていくうえではとても大切なことではありますが、その余裕が必要以上に大きくなりすぎると、夫が良からぬ考えを持ったりもしやすいです。

その最たるものとも言えるのが、「ちょっとくらい浮気をしても大丈夫だろう」という考えです。

男性は完全に安心しきっているときほど、ちょっとした遊び心や浮ついた心が芽生えがちに思いますので、ちゃんと頭の中にそのことを留めておくべきでしょう。

「好き」という気持ちを伝え合える夫婦関係はとても素敵ですし、いつまでも円満夫婦でいられるでしょう。

ただ、あまりにも一方的すぎてしまうと、夫婦のバランスもおかしくなりかねないので注意しましょう。

 

【画像】
※ fizkes、UfaBizPhoto、fizkes / Shutterstock

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.