子育て情報『炭酸飲料の成分は?何歳から飲ませていいの?』

2018年4月9日 21:00

炭酸飲料の成分は?何歳から飲ませていいの?

目次

・▼炭酸飲料の成分は?
・▼炭酸飲料、何歳から飲ませていいの?
・▼どうしても飲みたい!そんなときにおすすめの炭酸ドリンク
炭酸飲料の成分は?何歳から飲ませていいの?
source:https://www.shutterstock.com/
気候が良くなり外出が増えるこの時期、大人はビールにアイスコーヒー、子どもは冷たいジュースや炭酸飲料にアイスなど……、これらの飲み物を口にする機会が多くなりますよね。

お子さんの飲み物について、ジュースは1歳頃から飲ませているご家庭も多いと思いますが、炭酸飲料についてはどうでしょうか。

「何歳からデビューさせて良いの?」と悩んでいるママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自身も2歳の娘を持ち管理栄養士の筆者が、「炭酸飲料って小さな子どもに飲ませてもいいの?」という疑問について、炭酸飲料の成分についても触れながら解説いたします。

炭酸飲料の成分は?何歳から飲ませていいの?


▼炭酸飲料の成分は?

一般的な炭酸飲料の成分を見てみましょう。

・食品原料糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)

・添加物香料、着色料(カラメルなど)、酸味料、甘味料(アスパルテームなど)、保存料、カフェイン

※1 渡辺/雄二『飲んではいけない飲みもの 飲んでもいい飲みもの』

筆者は職業柄、食品や飲料を購入する際は必ず裏面の成分表示を見てしまうのですが、皆さんはいかがですか?

炭酸飲料の成分表示を見てみると、上記のような内容の記載があると思います。

製品によって添加物の種類には若干の違いはありますが、食品原料として主に使われているのはだいたいどの商品も「糖類」なのです。

(稀に、果汁100%で添加物なしの炭酸飲料もありますが、普段生活している中で、スーパーや自動販売機などでよく目にするのは糖類が主体の炭酸飲料です。)

有名なあの茶色の炭酸飲料は、500mlのペットボトル容器1本中に約56gもの砂糖が入っていると言われています。(※1)

炭酸飲料の成分は?何歳から飲ませていいの?
source:https://www.shutterstock.com/
56gの砂糖……なかなか想像ができませんが、角砂糖に換算すると約18個分にもなります。

18個分もの角砂糖を一度に食べるなんて、到底想像もできませんよね?

ですが、ぶどう糖化糖液糖という“さわやかな甘さ”の糖類を使った炭酸飲料となるとあっという間に摂取できてしまうとのことです。(※2)

また、カルシウムや鉄の吸収を悪くすることが分かっているリン酸(酸味料)、神経を刺激するカフェイン、自然界には存在しない合成甘味料のアスパルテーム(甘味料)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.