子育て情報『【妊娠後期】デスクでのNG姿勢3つ&腰痛予防の「理想的な座り方」』

【妊娠後期】デスクでのNG姿勢3つ&腰痛予防の「理想的な座り方」

2018年4月12日 21:00
 

目次

・▼妊娠期に腰痛が生じる主な理由2つ
・▼これは避けたい!デスクでのNG姿勢3つ
・▼理想的な座り方
【妊娠後期】デスクでのNG姿勢3つ&腰痛予防の「理想的な座り方」
source:https://www.shutterstock.com/
妊娠中のママの大きな悩みといえば腰痛。もともと腰痛に縁がない女性でも、腰の違和感や重だるさを訴える方はとても多いです。

産休までバリバリ働いているプレママの皆さんは、お腹が大きくなる妊娠後期は特に毎日のデスクワークで腰の痛みを感じることもあるのではないでしょうか。

今日は、理学療法士の筆者がこの時期に腰痛が生じる理由と、妊婦さんがデスクワーク中に気をつけたいNG姿勢、腰に負担がかからない理想的な座り方についてこれまでの経験をもとにご紹介していきます。

【妊娠後期】デスクでのNG姿勢3つ&腰痛予防の「理想的な座り方」


▼妊娠期に腰痛が生じる主な理由2つ

以下が妊婦さんが腰痛になりやすい主な理由になります。

・出産に備えてリラキシンというホルモン(骨盤周囲の靭帯を緩みやすくする)が大量に分泌されるため(※1)

・赤ちゃんの発育に伴いお腹が大きくなり、ママの重心が前方に移動するため(※1)

ホルモンバランスは生理的な現象なのでコントロールは難しいのですが、体型の変化に伴う腰への負担については、姿勢や動作に気をつけることで軽減させることができます。

▼これは避けたい!デスクでのNG姿勢3つ

(1)ふんぞり返った仙骨すわり
【妊娠後期】デスクでのNG姿勢3つ&腰痛予防の「理想的な座り方」
photo by author
骨盤が後傾し、仙骨という骨盤後面の骨に体重がかかっている状態です。この姿勢では背中の筋肉がこわばりやすくなり、腰痛の一因となります。

また、常にお腹周りの筋肉がゆるんでいるため、ぽっこりお腹など体型の崩れを引き起こしやすくなります。

特に妊娠後期にこの姿勢が癖になってしまうと、腹横筋と連結している骨盤底筋群の力も入りにくくなるため、肝心のお産の時に十分腹圧を高められなくなる可能性もあります。

何より、見た目がよくないですよね?意外と座り方は周囲から見られているものですよ!

(2)猫背座り
【妊娠後期】デスクでのNG姿勢3つ&腰痛予防の「理想的な座り方」
photo by author
カフェなど少し低めの机で作業していると、この姿勢になっている人がすごく多いですね。骨盤が後傾し身体が後ろに倒れているぶん、猫背(胸椎という背中の骨を丸めた姿勢)にして首を前に突き出しているような姿勢です。

腰への負担が大きくなるだけでなく、ストレートネックなど首の痛みや肩こり、頭痛など、いろいろな部分に痛みを引き起こす可能性があります。

妊娠後期はただでさえホルモンバランスの乱れや鉄分不足由来の貧血などにより頭痛が起こりやすいもの。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.