子育て情報『入園・新学期・引っ越し…「環境の変化」で子どもが出す3つのサイン』

2018年4月16日 21:00

入園・新学期・引っ越し…「環境の変化」で子どもが出す3つのサイン

目次

・▼ナーバスになりがちな4月は家庭での受け止めが大事!
・▼子どもがママに送ってくる主なサインとは?
・▼子どもがママに求めるもの=「癒し」「安心感」
・▼子どもがパパに求めるもの=「高揚感」「ポジティブな興奮」
入園・新学期・引っ越し…「環境の変化」で子どもが出す3つのサイン
source:https://www.shutterstock.com/
入園、入学、引越し、転校……。このような環境の変化は、子どもにとってストレスになりやすいと言われています。

新学年の今はまさにその時期。そこで、この記事では今、親が心がけたい子どもの心ケアについてお伝えしていきます。

入園・新学期・引っ越し…「環境の変化」で子どもが出す3つのサイン


▼ナーバスになりがちな4月は家庭での受け止めが大事!

新しい学年にステップアップした今の時期は、子どもたちが心に不安を抱えやすい時期です。

その子の性格により、新しいクラスを“ワクワクの場”と捉えられる子もいますが、全般的に、ナーバスになりがちなのがこの時期の特徴です。

もともと引っ込み思案の子だけでなく、普段は活発な子でも、初めの1~2週間は、いつもの「らしさ」が隠れてしまうことも。

家庭でのフォローアップが求められる時期ですので、しっかりとその気持ちを受け止めてあげたいですね。

▼子どもがママに送ってくる主なサインとは?

入園・新学期・引っ越し…「環境の変化」で子どもが出す3つのサイン
source:https://www.shutterstock.com/
では、子どもたちは不安になったとき、プレッシャーを感じたとき、パパやママにどのようなサインを発してくるのでしょうか?

最もよく見られるのが、

・急に抱っこを求めてきたり、手をつないできたりする

・いつもは泣かないようなことで泣く、ぐずりが増える

・「ママ、見て」「ママ、こっち」とママを求める回数が増える

ママからしたら、「あれ、赤ちゃん返り?」「前はもっと自立していたような……」と成長が逆行しているかのような感覚、それがまさにそのサインです。

新学年のような環境の変化は、どんな子でも、心になにかしらの不安を抱えることが多いので、親は子どもが発するサインを敏感にキャッチし、サポートしていきましょう。

●家庭でできるケア
新しいクラスで毎日刺激を受けている子どもたちにとって、お家の中はこれまで以上に、“なじみのある場所”と認知されます。

その安全基地で、しっかりとエネルギーをチャージできると、次の日、新しい環境に気持ちが向かいやすくなります。ママとパパは、自らの役割に沿って、子どもたちの心のエネルギータンクをチャージしてあげることがポイントになります。

▼子どもがママに求めるもの=「癒し」「安心感」

万事順調なときにはママから離れて遊べる子も、不安になるとママのところに戻ってきます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.