子育て情報『【保存版】登園許可証は必要?「熱がでる子どもの病気まとめ」』

2018年4月20日 21:30

【保存版】登園許可証は必要?「熱がでる子どもの病気まとめ」

目次

・▼熱がでる子どもの病気って?
・▼登園許可書が必要な病気
・▼長引く病気と注意点
【保存版】登園許可証は必要?「熱がでる子どもの病気まとめ」
source:http://www.shutterstock.com/
子どもが発熱すると心配になりますよね。筆者も子どもを連れてよく病院に行ったものです。

発熱する病気の中には、一見すると治ったようにみえても登園できない病気もあります。

今回は、「東京都こども医療ガイド」を参考に熱がでる子どもの病気をまとめましたので、ひととおり確認しておきましょう。

【保存版】登園許可証は必要?「熱がでる子どもの病気まとめ」


▼熱がでる子どもの病気って?

子どもの発熱の大部分は、ウイルスや細菌などの病原体が体に入ってきたときに起こる体の防御反応だと言われています。

熱射病や熱中症、脱水症、悪性腫瘍、膠原病(こうげんびょう)などが原因の場合もあります(※1)。以下、代表的なものを医療ガイドをもとに簡単にまとめましたのでご紹介します。

【保存版】登園許可証は必要?「熱がでる子どもの病気まとめ」
source:http://www.shutterstock.com/
●風邪・上気道炎

熱はありますが比較的元気です。体を保冷剤や氷枕などで冷やしたり、水分をとるようにしましょう。

●気管支炎・肺炎

高熱が続きひどいせき、痰のからむせきがでます。元気がなくなり食欲もなくなります。

●尿路感染症

高熱が続き機嫌が悪くなります。ミルクや母乳の飲みが悪くなり、嘔吐(おうと)などが出ます。

●髄膜炎(ずいまくえん)・脳炎

高熱、嘔吐、頭痛などでぐったりします。意識障害やけいれんがでることもあります。

●突発性発疹

高熱ですが比較的元気で、食欲は保たれる場合が多いです。3日くらいで解熱した後、顔面や体幹部に発疹が出ます。

●感染性胃腸炎

げりや嘔吐、腹痛などがあります。血便がでることもあります。

●川崎病

高熱が続き、眼の結膜(白眼の部分)が充血、頸部リンパ節がはれたり発疹がでます。他にも指のむくみやイチゴ状の舌になったりなどの症状がでます。

●虫垂炎(盲腸)

腹痛や発熱で発症し、徐々に腹痛の悪化や嘔吐などがあります。

●はしか・水ぼうそうなどウイルス性の感染症・溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)
発熱のほか、それぞれに特有の発疹がでます。

●中耳炎

耳の痛みや風邪のような症状を伴います。みみだれを伴うこともあります。

▼登園許可書が必要な病気

【保存版】登園許可証は必要?「熱がでる子どもの病気まとめ」
source:http://www.shutterstock.com/
保育園や幼稚園に通っている場合は、発熱すると休みますよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.