子育て情報『5月と9月が最も多い?5歳以下の落下事故の事前防止策とは』

2018年9月3日 21:35

5月と9月が最も多い?5歳以下の落下事故の事前防止策とは

目次

・「うちは大丈夫」が悲劇を招く!窓まわりの事故・未遂事例
・何歳から窓を開けたり閉めたりできる?注意したい年齢は?
・家庭での注意点&事前の対策
5月と9月が最も多い?5歳以下の落下事故の事前防止策とは
source:https://www.shutterstock.com
夏場は窓を開け閉めする機会が増えますよね。例えば、お花に水やりをするのに窓を開けたり、気持ちいい空気を入れるために網戸にしたりと日常的に窓まわりの開閉が増えてきます。

そんなときに注意したいのが、窓やベランダまわりでの子どもの事故です。

今回は、ご家庭での注意点・対策例を東京消防庁発表のデータをもとにご紹介したいと思います。

5月と9月が最も多い?5歳以下の落下事故の事前防止策とは


「うちは大丈夫」が悲劇を招く!窓まわりの事故・未遂事例

東京消防庁が発表している実際の事故事例をご覧ください。

<事例1>

2階居室内にて、長男と一緒にベッド脇にある窓枠からベッドに向かって飛び降りる遊びをしていたところ、誤って窓枠から網戸ごと地上へ墜落した(2歳女児・重症)。

<事例2>

共同住宅7階にて母親がトイレから部屋に戻ったところ、ベッド脇の窓が開いており、手すりの外につかまっている息子を発見、その直後墜落した(2歳男児・入院が必要とされる中等症)。

<事例3>

自宅3階ベランダにてエアコン室外機に上って遊んでいたところ、誤ってベランダの手すりを乗り越えて墜落した(5歳女児・入院が必要とされる中等症)

(※1)

筆者の友人の2歳の息子さんは、ママが洗濯物を浴室に取りに行ったほんの一瞬のうちに、マンションのベランダに置いている物干し台をよじのぼり、ベランダの手すりに手をかけているところだったそうです。まさに危機一髪の未遂事件も身近に聞きました。

このように、窓からの墜落の事故が多く発生しているようです。起きてしまうと、入院が必要な中等症・重症になるケースが多く、非常に危険です。

“ちょっと大人が目を離した隙に…“という出来事ばかりで、親も悔やんでも悔やみきれないと思います。

何歳から窓を開けたり閉めたりできる?注意したい年齢は?

5月と9月が最も多い?5歳以下の落下事故の事前防止策とは
source:https://www.shutterstock.com
東京消防庁の管内だけでも、過去5年間に5歳以下の子どもが窓やベランダから落ちて医療機関に救急搬送された人数は、なんと105人!月別では、5月と9月が最も多いとのことで、注意が必要です。また、興味深いのが、0~4歳児は“ベランダ”よりも“窓”から墜落する事故が多く発生しているそうです。(※1)

子どもは大人の行動をよく見ています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.