子育て情報『2度の流産…家族・友人がくれた「嬉しかった言葉」【不育症シリーズ #7】』

2018年5月26日 21:30

2度の流産…家族・友人がくれた「嬉しかった言葉」【不育症シリーズ #7】

目次

・▼言われてつらかったこと…励ましを素直に受け止められない
・▼言われて嬉しかったこと・されて嬉しかった事
・▼悲しい思いをした方への配慮
2度の流産…家族・友人がくれた「嬉しかった言葉」【不育症シリーズ #7】
source:http://www.shutterstock.com/
妊娠はできるけれども、流産や死産を繰り返してしまうことを「不育症」と呼びます。

2度の流産・子宮内掻爬(しきゅうないそうは)手術を経験し、「不育症」と診断された過去をもつ保育士の筆者が、不育症について自身の体験エピソードをもとにお伝えしてく連載第7回目。

今回は“かけてくれた言葉”です。

2度の流産…家族・友人がくれた「嬉しかった言葉」【不育症シリーズ #7】


▼言われてつらかったこと…励ましを素直に受け止められない

こんなにつらいなら子どもを持たない人生を考えても良いのかもしれない、と思いつつも、簡単に諦めきれるものではなく、時間が経てば気持ちも変わるかもしれない、とゆっくり過ごすことにしました。

何を見ても聞いても心から笑えなかった当時、事情を知っている家族や友人が筆者を励まそうとかけてくれた言葉も、素直に受け入れられない状態でした。

「元気だして!あんまり落ち込まないの!」

「次のこと考えよう!きっとまた赤ちゃん来てくれるよ!」

こうやって思い返すと、どの方も優しく励ましてくれている言葉です。

でも当時は、自分が落ち込んでいることを否定されているようで悲しくなりました。

2度の流産…家族・友人がくれた「嬉しかった言葉」【不育症シリーズ #7】
source:http://www.shutterstock.com/
次に希望を持つように励まされることも、私のお腹に来てくれた2人の命を「早く忘れなさい」と言われているようで、受け入れられませんでした。

被害妄想……と思われても仕方がないと思いますが、この時は自分を大切にすることで精いっぱいでした。

「泣いてばっかりいたら赤ちゃん来てくれないよ!」

「赤ちゃんは笑顔のお母さんのところに来てくれるんだよ!」

家に引きこもりがちの筆者を見かねて、こう励ましてくれた方もいましたが、当時は「その泣き虫がなおらなきゃ、母親になれないわよ」と言われているように感じました。

●経験者の声(※1不育症そだってねっと会員アンケートから)

・「また次頑張ればいいじゃない」と言われたのですが、空に行ってしまった赤ちゃんのことを忘れられないので、次また頑張る気持ちにはなれませんでした。・「若いから大丈夫」と言われましたが、亡くしてしまった子と次に生まれてくる子は”違う子”なので、励ましにはなりませんでした。

・言われて傷ついたことを話したら「人の善意を自分の都合で悪意に変えるな!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.