子育て情報『「イクメン」という言葉に意義あり!? 子どもの年代別・パパの育て方』

2018年5月11日 21:30

「イクメン」という言葉に意義あり!? 子どもの年代別・パパの育て方

目次

・▼家事育児に関与しない夫、どうする?
・▼子どもの年代別・パパにお願いしたいこと
・▼夫が「イクメン」になるような、夫婦関係に!
「イクメン」という言葉に意義あり!? 子どもの年代別・パパの育て方
source:http://www.shutterstock.com/
“イクメン”という言葉がすっかり定着した昨今。

そのいっぽうで「夫はちょっと何かを手伝っただけで“イクメン”ともてはやされることに、なんだか納得がいかない」というママの声も聞こえています。

今回は子育てアドバイザーであり、4子の母である筆者が、“イクメン”について考えてみます。

「イクメン」という言葉に意義あり!? 子どもの年代別・パパの育て方


▼家事育児に関与しない夫、どうする?

筆者は「Facebook」の、子育てについて語るグループにいくつか入っています。非公開のあるグループでは、連日、家事育児に関与しない夫への愚痴が絶えません。

“男子厨房に入らず”、“亭主関白”、“男性の3歩後ろをついていく”などの文言があるわが国日本です。男性が家のことをしない、もしくは、出来ないのは、伝統と言ってもいいくらいなのかもしれません。

ですが、今は核家族化が進み、女性が社会で活躍する時代。

女性はかつてのように、家にずっといられなくなりました。それなのに、今まで通り女性だけが家事と育児を担うのは、負担が重過ぎるのは自明のことですよね。

ですから今の時代は、幸せな家庭を築く為に、夫がいわゆる“イクメン”となるのは必要条件のひとつと、筆者は考えています。

“イクメン”ともてはやし、褒めることで、夫の家事育児能力が育つならば、わりきってこの言葉を活用してはいかがでしょうか。

そうして夫を褒め、育て、ぜひとも立派な“イクメン”になってもらいましょう!

▼子どもの年代別・パパにお願いしたいこと

子どもがいる家庭では、楽しくお出かけしたり、遊びに行ったりも大事ですが、筆者が重要だと思うのは、1にも2にも、“家族の健康”です。

まずは最低限、家族皆の健康を守れるように連携をとれるパートナーシップを築きましょう。

●新生児期

「イクメン」という言葉に意義あり!? 子どもの年代別・パパの育て方
source:http://www.shutterstock.com/
新生児期はとにかく手がかかるのに加え、ママの身体が完全に回復していません。無理は絶対禁物な時期です。新生児期に夫にお願いするにあたっての目標は、以下の3つです。

(1)妻の身体について理解してもらう

(2)夫と赤ちゃんの関係を作る

(3)授乳以外のことを出来るようになってもらう

以上はもちろんあくまで目標ですが、最も大切なのは、一番上の、“妻の身体への理解”です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.