子育て情報『海・山のレジャーをもっと楽しく!「フォトジェニックな写真」の撮り方』

2018年5月19日 12:00

海・山のレジャーをもっと楽しく!「フォトジェニックな写真」の撮り方

目次

・▼海・山での写真撮影での注意点は?
・▼晴れの日、曇りの日の撮影のコツ
・▼フォトジェニックになるポイント
海・山のレジャーをもっと楽しく!「フォトジェニックな写真」の撮り方
photo by author
これから夏休みにかけて、海や山へとお出かけの計画をされる方も多いことと思います。

海や山の自然の中で撮る写真は、普段の景色とは違い、思い出深い一枚となるのではないでしょうか。

そこで今回は、フォトグラファーで1児のママである筆者が、海や山へお出かけ時の写真の上手な撮りかたのコツをお伝えします。

海・山のレジャーをもっと楽しく!「フォトジェニックな写真」の撮り方


▼海・山での写真撮影での注意点は?

普段は子どもの可愛いお顔をアップで撮影することが多いかと思いますが、

海や山で撮影するときは、背景も広めに入れると、写真を見返した時にどこにお出かけしたのか一目で分かります。

また海の水平を真っ直ぐにするとスッキリした写真になります。

海・山のレジャーをもっと楽しく!「フォトジェニックな写真」の撮り方
photo by author
スマホやカメラについているグリッド線の機能を使うと、常に格子線が出た状態で写真が撮れるので、簡単に水平がとれますよ。

また、山や緑がある場所にお出かけの時は、季節のお花も一緒に入れると季節感がある華やかな可愛い写真になります。

海・山のレジャーをもっと楽しく!「フォトジェニックな写真」の撮り方
photo by author
海・山のレジャーをもっと楽しく!「フォトジェニックな写真」の撮り方
photo by author

こちらは同じフジの花が咲いている場所で撮影しました。

背景にフジの花を少し入れて、息子が歩き疲れて座ってしまったところを

離れた場所で引いて撮影しました。

海・山のレジャーをもっと楽しく!「フォトジェニックな写真」の撮り方
photo by author
最初は疲れて泣いていた息子も遠くにいる私を見つけてにっこり。

こんなシーンも、この時の年齢ならではなので思い出になりますね。

▼晴れの日、曇りの日の撮影のコツ

晴れの日に撮影すると、日差しが強くて角度によっては顔に影ができてしまうことがあるので、日陰で撮影することがおすすめです。

日陰がない場合は、いつも顔に不自然な影が入らないように撮影をしています。

曇りの日は、暗く写ってしまうことがあるので、スマホやカメラの明るさを少し明るめに調整してみてくださいね。 

▼フォトジェニックになるポイント

「いつも同じ角度、構図で撮影するので同じような写真になる」というお声をよく聞きますが、しゃがんで下から、背伸びして上から、真横から、アップで、引いて、と色々なアングルで撮影をしてみてください。

何度もチャレンジしていると、これは!という素敵な写真が撮れます。

また夕焼けの時間に撮影すると、いつもと違った雰囲気で撮影ができます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.