子育て情報『妊婦健診で受けるNST(ノンストレステスト)って何?費用は?』

2018年6月14日 22:00

妊婦健診で受けるNST(ノンストレステスト)って何?費用は?

目次

・▼「ノンストレステスト(NST)」ってどんな検査?
・▼ノンストレステストにかかる費用は?
・▼ノンストレステストを受ける時期は?
・▼ノンストレステストでわかること
・▼赤ちゃんの心拍数、結果の見かた
・▼赤ちゃんが元気であるかのサイン4つ
妊婦健診で受けるNST(ノンストレステスト)って何?費用は?
source:https://www.shutterstock.com/
妊婦健診では、超音波検査をはじめ、体重・血圧測定、採血や尿検査などを行い、妊婦さんと赤ちゃんの状態を確認しています。

ノンストレステスト(NST)も、妊娠中に行う検査の一つです。

ノンストレステストは、陣痛が来る前に、子宮の収縮(お腹の張り)がない状態で、胎動(赤ちゃんの自発的な運動)と赤ちゃんの心拍数の変化の関係を見て元気があるかを確認する検査です。

今日はこの検査について、助産師である筆者が経験をもとに詳しくお伝えします。

妊婦健診で受けるNST(ノンストレステスト)って何?費用は?


▼「ノンストレステスト(NST)」ってどんな検査?

検査は、リクライニングできる椅子か、ベッドの頭を少しあげた状態にして寝て行います。

フラットな状態で仰向けに寝てしまうと、仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)となり気分が悪くなることがあるので、装着するときの姿勢は重要です。

ノンストレステストは、分娩監視装置というモニターを使用します。

この分娩監視装置には、赤ちゃんの心拍を確認する心音プロ―ブと、妊婦さんのお腹の張りを確認する収縮計があります。

妊婦さんのお腹に、ベルトを2本通巻き、心音プローブと子宮収縮計を装着し、モニタリングします。装着には痛みなどはなく、固定させる程度の圧で装着します。

ノンストレステスト検査は、約40分行います。これは、赤ちゃんの睡眠サイクルが約40分との報告(※1)があり、赤ちゃんは約20分間隔で寝たり起きたりを繰り返しています。

約40分の検査で、赤ちゃんが起きている状態と寝ている状態の心拍をどちらも確認できます。

▼ノンストレステストにかかる費用は?

妊婦健診でのノンストレステストは、自費診療になりますので病院によって費用が異なります。

1回約2,000円~3,000円の病院が多いようです。妊婦健診費用に、ノンストレステスト代金がプラスされます。

▼ノンストレステストを受ける時期は?

一般的に、妊娠35週前後から妊婦健診時に行います。しかし、切迫早産、妊娠高血圧症、胎児発育不全など妊婦さんや赤ちゃんに異常がある場合などは早めに検査を行うことがあります。

▼ノンストレステストでわかること

妊婦健診で受けるNST(ノンストレステスト)って何?費用は?
source:https://www.shutterstock.com/
ノンストレステストは、リアルタイムで赤ちゃんの心拍数と妊婦さんの子宮収縮の状態が記録用紙に記録され、分娩監視装置から出てくるしくみになっています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.