子育て情報『たるみやすい二の腕・ワキ腹に!「引き締めエクササイズ」』

2018年6月19日 21:30

たるみやすい二の腕・ワキ腹に!「引き締めエクササイズ」

目次

・▼部分痩せって本当にできるの?
・▼二の腕、わき腹って具体的にどこの筋肉?
・▼二の腕の筋力トレーニング
・▼わき腹の筋力トレーニング
たるみやすい二の腕・ワキ腹に!「引き締めエクササイズ」
source:https://www.shutterstock.com/
半袖カットソーなど、体型が目立ちやすい服装をすることが増えてくる時期ですね。

そんなこの時期、子育てママの皆さんから聞く体型の悩みで多いのが、“二の腕やわき腹のたるみ”。

今日は理学療法士の筆者が臨床現場での指導経験をもとに、たるみやすい部位に効果的に筋肉をつけていくためのトレーニングをご紹介します。

たるみやすい二の腕・ワキ腹に!「引き締めエクササイズ」


▼部分痩せって本当にできるの?

そもそもたるみの原因は脂肪なので、筋力トレーニングだけでそれが消えてなくなるわけではありません。

メディアに溢れかえっている「この運動だけで二の腕が部分痩せする」「このグッズだけで腹筋が割れる」などの極端な情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、冷静に判断するようにしていきましょう。

脂肪を減らすには、脂質が効率的に使用される有酸素運動を行い、全身の脂肪の量を減らしていくことが必要です。有酸素運動の具体的な方法については前回の記事(産後ダイエットと「有酸素運動の基本」)をご一読ください。

では、筋トレがなにも意味がないのかというと、そういうわけではありません。

たるみが出ている脂肪の奥にある筋肉は日常生活であまり使われていないことが多いため、筋肉自体が萎縮していたり、筋出力が低下している場合もあります。

適切な負荷でトレーニングすることで、筋肉自体を大きくすることは可能です。

つまり、有酸素運動によって脂肪を減らすと共に、筋トレで筋肉を大きくすることで「脂肪と筋肉のバランスを適正化させる」ことがたるみの少ない美しい身体を作るうえで重要なポイントになります。

▼二の腕、わき腹って具体的にどこの筋肉?

二の腕にあたる部分は「上腕三頭筋」という筋肉です。

「三頭」という名前の通り「長頭」「内側頭」「外側頭」の三つの部分から成り立っており、肘関節を伸ばすはたらきをもっています。

たるみやすい二の腕・ワキ腹に!「引き締めエクササイズ」
上腕三頭筋(赤い丸の部分)source:shutterstock
わき腹にあたる部分は「外腹斜筋」「内腹斜筋」という2つの筋肉です。外腹斜筋と内腹斜筋の走行は逆になっていて、ひねりの入った腹筋運動をする場合、外腹斜筋は反対側の内腹斜筋と一緒にはたらきます。体幹を回旋、側屈させるはたらきをもっています。

たるみやすい二の腕・ワキ腹に!「引き締めエクササイズ」
内腹斜筋、外腹斜筋(赤い丸の部分)source:shutterstock

▼二の腕の筋力トレーニング

ダンベルを使用して行うエクササイズを2種類紹介します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.