子育て情報『罰を与えるのは絶対にNG! 我慢ができない子どもに足りない「未来を想像する力」』

2021年4月9日 08:36

罰を与えるのは絶対にNG! 我慢ができない子どもに足りない「未来を想像する力」

目次

・「ママに怒られるから、我慢しよう」はかなり危険!
・我慢できる子の未来は「成績優秀で社会的にも成功」
・お子さまは、自分の感情をコントロールできていますか?
・我慢ができなかったからと「罰」を与えるのはNG
・「もう子どもを頭ごなしに叱らない!」2つの対処法
罰を与えるのは絶対にNG!我慢ができない子どもに足りない「未来を想像する力」

「我慢は美徳」という言葉があるように、「我慢できる子=いい子」というイメージはいまだに健在です。日本の子どもは、幼い頃から「我慢しなさい」と言われて育ちます。しかし国によっては、我慢よりも「自己主張」を大切にするところも多く、最近は日本でも、我慢と自己主張のバランスを見直す流れがあるようです。

また一方では、「我慢=自制力」ということで、我慢は人生に大切な非認知能力のひとつとも考えられています。そこで今回は、「子どもにどんな我慢をさせるべきなのか」という点を中心に、我慢について深掘りしてみましょう。

「ママに怒られるから、我慢しよう」はかなり危険!

まず、想像してみてください。公園は遊びに来た家族で賑わっています。人気遊具の前には順番待ちの列ができていて、並んでいるふたりの子どもに、それぞれの親が声をかけているところです。

【Aさん】「もう、何度やったら気がすむの。いいかげん、帰るわよ!」
【Bさん】「4時に帰るって約束したから、あともう1回やったら帰ろうね」

どちらの子どもも、もっと遊びたい気持ちを我慢することになるわけですが、親の対応によって「我慢するときに感じる気持ち」に違いが生まれています。

Aさんのお子さんは、お行儀よく、聞き分けのいい子になるかもしれません。ですが、じつはこのAさんの対応、とても危険なのです。特に親が厳しくしつけているケースでは、子どもは「親に怒られるから我慢する」だけであって、「なぜ我慢するのか」をまったく理解していないことが多いからです。Aさんはわが子に「親の言うことを聞かせている」だけで、「なぜ我慢するのか」を伝えることを怠っています。ですからこの場合、子どもにとって我慢するメリットは「親に叱られないこと・罰を与えられないこと」だけ。これは、抑圧的な「悪い我慢」のさせ方です。

Bさんのお子さんも、本当はもっと遊びたいのに我慢をしています。しかしこの場合の我慢は、本人も納得しているので、子どもが自らを自制できている「よい我慢」と言えるでしょう。子どもに我慢をさせるときは、我慢する理由が「親の抑圧」なのか「子どもの自制心」なのかを考えたいですね。

正しい我慢3


我慢できる子の未来は「成績優秀で社会的にも成功」

子どもの自制心についての有名な実験が、当時スタンフォード大学教授(現コロンビア大学名誉教授)の心理学者ウォルター・ミシェル氏が考案した「マシュマロ・テスト」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.