子育て情報『不幸になるなら「理想の子育て論」はいらない『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.1』

2021年3月20日 14:00

不幸になるなら「理想の子育て論」はいらない『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.1

不幸になるなら「理想の子育て論」はいらない

目次

・不幸になるなら「理想の子育て論」はいらない
・親であるあなたが「不幸にならないで」
・まとめ
・次回の内容は……?
・書籍『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』について
1283434429


みなさんは「子は親の鏡」という詩をご存じでしょうか。
この詩はドロシー・ロー・ノルト博士が書いた『子どもが育つ魔法の言葉』(PHP研究所)という本におさめられています。
私がこの詩を知ったのは今から25年ほど前。当時は加藤諦三氏の著書『アメリカインディアンの教え』(扶桑社)のなかに「子供たちはこうして生きかたを学びます」という題名で紹介されていました。以下にその内容をご紹介します。

Koujimachi poem


今読み返してみても、本当に素晴らしく、その通りだとうなずける内容です。
この詩を知った当時、教師としても父親としても新米だった私は、自分の行いを大いに反省したものです。

しかし、ここではあえて、この詩のメッセージとは反対のことをお伝えしたいと思います。
親が「こうあらねばならない」と考えすぎてはいけません。
理想の親の姿を追求することが、親子の幸せに結びつくかというと、必ずしもそうではないからです。

むしろ「あれが悪かったかも……」「こうすればよかったかも……」と自分自身を後悔しすぎたり、卑屈になったりする姿は、子どもにとってけっしていいものではありません。
「私がこうなったのは、親のあなたがこうだからだ」などと、人のせいにする子が育つことにもつながってしまいかねないからです。

教師になってから今年で36年。多くの子どもたちと関わってきましたし、それと同じだけ親御さんとも向き合ってきました。
そして、子育てに不安をよせる親御さんの声をたくさん聞いてきました。
「子どもとの関係がうまくいかない」「学校といい関係が築けていない」「この子はこのままで大丈夫だろうか」……。
真面目な方ほど、ご自身の子育てに悩み、葛藤されています。

親であるあなたが「不幸にならないで」

1219590358


そんなみなさんに、伝えたいこと。それは、

「不幸にならないで」。

親として完璧ではない自分を、蔑んではいけません。
それよりも大事なのは、子どもに対する愛情に自信を持つことではないでしょうか。
私が日頃から考えているのは「不幸になるような理想はいらない」ということです。
子育てに理想を求めすぎて、子どもたちと過ごせる幸せな時間を、辛い時間にしてしまった方をたくさん見てきました。
むしろ今ある環境に幸せを探せる能力こそ、育むべきではないかと思うほどです。

勝手に理想を掲げて、勝手に不幸にならないことです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.