子育て情報『【子ども大興奮!!】10分でできる、チョコレートで虹を作る方法『おうちで楽しむ科学実験図鑑』』

2021年4月7日 17:00

【子ども大興奮!!】10分でできる、チョコレートで虹を作る方法『おうちで楽しむ科学実験図鑑』

【10分でできる】虹みたい? カラフルなチョコレートでアート

目次

・【10分でできる】虹みたい? カラフルなチョコレートでアート
・用意するもの
・手順
・【解説】なぜ色がひろがる?
・実験をする際の注意
・書籍『おうちで楽しむ科学実験図鑑』について
Kagkuzukann 1 1


茶色のチョコレートを手でもつと、ふつうはとけてきますね。チョコレートにはカカオバターなどの油脂が多くふくまれており、体温でとけてしまうのです。
しかし、つぶ形のチョコレートには、さまざまな色をしていて、手の上でとけないものがあります。それぞれのつぶに、砂糖や食用色素でつくった液をかけ、固めてあるのです。このコーティングを「糖衣」といいます。糖衣は、ほかのお菓子や薬などでも見かけることがありますね。
糖衣チョコレートを使って、虹のような色あいの模様を描きましょう。

用意するもの

・糖衣チョコレート
・お湯(ぬるめ)
・皿(ふちがあるもの)

手順

Kagkuzukann 1 2


1.皿のふちの内側に、糖衣チョコレートを並べる。

Kagkuzukann 1 3


2.皿のまん中にお湯を注ぐ。

Kagkuzukann 1 4png


3.お湯が糖衣チョコレートに届いたら注ぐのをやめ、しばらく置く。

【解説】なぜ色がひろがる?

G4487ba1ff4cff3194087b156056c7e601018b7c68cfc95ad86513df6ebb2dcb3969add338e7fabcc337abd3052eee34da3a5b40b36214f13d67964c9a982864a 640


糖衣チョコレートのコーティングは、水分のある口の中ではとけるようになっています。たくさん食
べたとき、舌に色がつくのはそのためです。糖衣は、口の中だけではなく、お湯の中でもとけます。糖衣にふくまれる食用色素がお湯にとけると、色がつくのです。

ではなぜ、まん中に向かって、色がひろがっていくのでしょうか?これは、「拡散」という現象です。コップの中に水を入れて、インクをたらすとします。ポトリと落ちたインクは、水の中にどんどんひろがり、しばらくすると水全体にひろがって、コップの中の水の色は同じになるはずです。
1か所だけが濃い状態から、全体が同じ濃さになっていくのが、拡散なのです。

糖衣の中には、食用色素のほかに砂糖などもふくまれています。これらは水にとけて、じょじょに拡
散していきます。そのため、皿のふち側から、何もとけていないまん中に向かって、色がひろがっていくのが見えるのです。今度は、皿のまん中に糖衣チョコレートを置き、お湯を注いでみましょう。まん中から、ふちのほうへと色がひろがっていきます。糖衣チョコレートはさまざまなお菓子メーカーから出ています。メーカーによって使っている食用色素がちがうので、色の出方も異なります。さまざまなメーカーの糖衣
チョコレートで、色のとけ出し方のちがいを調べてみるのもいいですね。

実験をする際の注意

・実験を行うときは、必ず保護者の方と一緒に行い、子どもだけで実験しないでください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.