子育て情報『【かっこいい!はNG】工作の褒め方は、「事実+気持ち」で伝えるのが正解『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』』

2021年3月30日 12:00

【かっこいい!はNG】工作の褒め方は、「事実+気持ち」で伝えるのが正解『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』

<<『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』の紹介記事をすべて読む>>

【褒め方のお悩み】意欲を出すための褒め方がわからない

目次

・【褒め方のお悩み】意欲を出すための褒め方がわからない
・悪魔の口ぐせ
・天使の口ぐせ
・次回の内容は……?
・書籍『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』について
Tenshinokuchiguse 1 1


小学1年生のけんさんは図画工作が大好き。絵を描いたり、物を作ったりして、お母さんにいつも見せてくれます。そのたびに、お母さんは手をたたいて、「かっこいいね」「すごいね」と褒めていました。
ただ、このように褒めた後、言葉が続きません。
実はお母さんは、保育士として保育園で働いていました。
保育園でも同様に、工作したものなどを見せてくれる子どもたちに「うわ! かっこいい」と声をかけるだけでした。

悪魔の口ぐせ

【かっこいい!はNG】工作の褒め方は、「事実+気持ち」で伝えるのが正解『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』


「すごい! かっこいい!」

天使の口ぐせ

【かっこいい!はNG】工作の褒め方は、「事実+気持ち」で伝えるのが正解『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』


「大きな作品だね!」
「子どもの意欲を引き出したいのに、どうやって褒めたらいいのかがわからない」という声が、私のもとにはたくさん届きます。「褒め言葉のバリエーションがなく、ワンパターンになりがち」と困っているようです。
「褒めなくては!」と力むから言葉が出ないのかもしれません。まずは〈見たままの事実を言葉にする〉、さらにできそうなら〈感じた気持ちを添える〉とやってみてください。例えば、次のような感じです。

「〈見た目の事実〉すごく大きい絵だね!+〈感じた気持ち〉本物を見てる気分になるよ」
「〈見た目の事実 〉たくさん作ったね!+〈感じた気持ち〉この色、ちょっと不思議だね」

このように声をかけると、子どもは「この色は、水色とオレンジを混ぜて作ったんだよ」などと答えてくれるので、会話が増えていきます。「あなたの作品に興味津々よ」という姿勢が伝われば、それが褒め言葉として子どもに伝わります。

<<『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』の紹介記事をすべて読む>>

次回の内容は……?

「信じられない!」と怒るのは要注意【予想外の行動への怒り方】についてお届けします。

書籍『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』について

★こんな〝悪魔の口ぐせ″使っていませんか?
「何回も言ったよね? 」「こっちにしたら? 」「ちょっと待って」

★無意識に使いがちな悪魔の口ぐせをへらし、天使の口ぐせを増やせば、子どもも親も自己肯定感が高まる

ふだんの口ぐせを変えるだけで、子どもたちの心への響き方だけでなく、お母さんが見る世界も大きく変わります。
何気なく使っている言葉が、親と子の自己肯定感を低下させる「悪魔の口ぐせ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.