子育て情報『子どもは思うようには育たない『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.2』

2021年3月21日 14:00

子どもは思うようには育たない『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.2

親子の幸せな関係が何よりも大切

目次

・親子の幸せな関係が何よりも大切
・自分の子どもだからこそ、言葉や態度で示さなければ伝わらない
・まとめ
・次回の内容は……?
・書籍『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』について
1167098198


本書では、私が考える子育てのポイントについてまとめますが、前提としてお伝えしたいのは、親子の幸せな関係が何よりも大切だということです。

私が本書でお伝えしたことを参考にして、幸せな親子関係が崩れてしまうのであれば、それを守る必要はありません。

なぜなら、子どもにとって家庭が安心安全な環境であることで、自信がつき、何かに挑戦してみようという気持ちが生まれるからです。

このことは、最新の脳神経科学の研究からも明らかになってきています。
うまくいかないことや失敗を叱られ続けた子どもの多くは、挑戦をしなくなっていくことがわかっているのです。

子どもが新しいこと、今までの自分がやってこなかったことに挑戦していこうとする力は、「失敗しても大丈夫」という安心な環境があってこそ大きく成長するものです。
ですから子どもが自律するためにも、親子の幸せな関係性はとても大切なことと言えるでしょう。

1181162323


とは言え、子育てをしているなかでは、子どもに対してつい感情的に怒ってしまうこと、口うるさく言ってしまうことがあると思います。
ここでちょっとみなさんに質問です。
みなさんがお子さんに対して感情的に怒るのはどんなことでしょうか?
「ぐずぐずしないでもっと早く決めなさい!」「なんでそんなこともできないの?」「もっとこうしたらうまくいくのに」……。

冷静に考えてみるとそれは、あなた自身が「自分のだめなところ」「嫌いなところ」と認識している部分ということはありませんか。
つまりあなた自身が、こだわっている部分です。

多くの親御さんは、自分がしてきた失敗を子どもにさせたくないと考え、「これをしたほうがいい」「あれはしないほうがいい」と言ってしまいがちです。
するとこの価値観が、子どものなかで大きくなり、クローズアップされることになります。自然と子どもも、その部分にこだわるようになるのです。
自分の失敗やだめなところを子どもに投影して接しても、あまり意味はありません。親子と言えど、あなたとお子さんは別の人間で、歩む人生もまったく違うからです。

自分の子どもだからこそ、言葉や態度で示さなければ伝わらない

1293109742
たまにこんなことを言う親御さんがいます。

「自分が口うるさく言うので子どもには嫌われていると思います。それでも構わないんです。自分の子どもだからいつかわかってくれるはずです」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.