子育て情報『親はいい加減なくらいでちょうどいい『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.3』

2021年3月22日 20:00

親はいい加減なくらいでちょうどいい『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.3

親がだめな部分をさらけだせば、子どもは安心し、信頼してくれる

目次

・親がだめな部分をさらけだせば、子どもは安心し、信頼してくれる
・固定化された価値観から子どもを解き放ち、視野を広げることが大人の役目
・どう生きるかは子どもが決めること
・まとめ
・次回の内容は……?
・書籍『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』について
87124618


職業柄、「子育てではどんなことを大切にしてきましたか?」と聞かれることがよくあります。
期待を裏切るようで申し訳ないのですが、私は父親として大事にしてきたことはほとんどないと言っていいです。

その大きな理由の一つは、家では教師としての私ではなく、ありのままの自分でいることを妻も息子たちも許してくれたからです。
とくに長男は親子というより相棒というような存在で、数多くの思い出があります。
お風呂に入りながら「2人で母さんを守ろうな」と話したこと、2人で動物園に行ったこと、家庭用カメラで特撮物の撮影の真似事をしたこと。そして4歳下の次男が生まれることを一緒に心待ちにしたこと。
父親としての振る舞いをほとんどしなくてもよかったのは、長男のおかげだと思っています。

同時に私は意図的に、バカな父親の部分も見せるようにしていました。
テレビに志村けんが出てきてスイカの早食いをすれば、家族みんなで真似をしたものです。スイカをぐちゃぐちゃにまき散らしながら、早食いをするあれです。
口の周りもテーブルも床も汚くなりましたが、そんなことは一切お構いなしです。

おもしろいことを一緒にやり、家族で笑いあえる時間は、子どもたちにとって何より大切な時間だと考えていました。
真面目な話はほとんどせず、だめな自分をさらけ出すこと。
そうすることで子どもたちは安心し、親を信頼します。
ダメ父親の言い訳をすれば、家庭内に心的に安全な環境をつくり上げていたとも言えるでしょう。

固定化された価値観から子どもを解き放ち、視野を広げることが大人の役目

1224263377


もう一つ、いい加減な親を公言することで、もし子どもが何かに悩んだとしても、「もっと気楽でいいんだ」ということが伝わるのではないかとも考えていました。

人はどうしても「こうでなければならない」という価値観にはまる生き物です。
子どもは成長の段階で必ずそれを意識します。
しかし「お父さんはあんなにいい加減なんだから、自分もそんなに深く考えなくていいか」と、子どもの心を軽くすることができるかもしれないと思ったのです。子どもたちは、さまざまな悩みを抱えて日々を生きています。
そのときに固定化された価値観から子どもを解き放ち、視野を広げることが大人の役目です。

871113214


たとえば、思春期の子どもたちはただでさえ自分の細かなところが気になります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.