子育て情報『子どもの問題は、大人が勝手につくっている『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.4』

2021年3月23日 20:00

子どもの問題は、大人が勝手につくっている『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.4

親が「よかれと思って」かけた言葉が子どもの問題をつくってしまう

目次

・親が「よかれと思って」かけた言葉が子どもの問題をつくってしまう
・母親が心配してかけた言葉が原因で食事を吐いてしまった娘
・子どもの問題がつくりあげられた問題でないか、考えることも大切
・まとめ
・次回の内容は……?
・書籍『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』について
1257040936


学校現場では、小学校に入ったばかりの子どもたちが、座っていられずに立ち歩いてしまったり、授業を受けられなかったりということが問題視されることがあります。
これは「小一プロブレム」などと表現されるので、子どもに問題があるかのように見えますが、大人が「問題だ」と定義するから問題になるのです。

私の推測ですが、「小一プロブレム」という言葉は、小学1年生の指導に困っている学校を支援するために、文部科学省によってつくられた言葉のような気がします。
予算と人を学校につけるために、「小一プロブレム」という定義が必要だったのではないでしょうか。

しかし「小一プロブレム」が問題化されたことにより、その後多くの人が苦しむことになったように思います。
小学1年生の担任はきちんと座ることができない子どもを問題ととらえて、きちんと座れる学級にしなくてはいけないというプレッシャーを抱えます。
幼稚園や保育園では、小学校に入学するまでにきちんと座れる子どもたちにしなくてはならないというプレッシャーがかかってくることになります。
当然、座っていられない子どもたちも、問題のある子と認識されるわけですから、辛いでしょう。

しかし、外国などでは幼い子どもはじっとしていられないものだということを前提に、さまざまな形状や質の椅子を用意しているところもあるほどですし、そもそも授業が子どもにとっておもしろいものであれば、立ち歩かないかもしれません。
子どもの問題とされていることは、ほとんどがこのような構図で生まれています。
「不登校」という言葉も同様で、学校に行くことが当たり前ではなく、「大人になるための手段の一つに過ぎない」という認識になれば(もしくはホームスクーリングでもいいという認識になれば)、不登校という概念そのものがなくなるでしょう。

家庭ではとくに、親がよかれと思ってかけた言葉が、子どもの問題をつくっていくということもあります。
問題はどのようにつくられていくのか、その例を見てみましょう。

母親が心配してかけた言葉が原因で食事を吐いてしまった娘

次にご紹介するのは、第2回でも登場した『〈森・黒沢のワークショップで学ぶ〉解決志向ブリーフセラピー』(ほんの森出版)に出てくる例です。問題がどのようにつくられるかということを説明するために、少し誇張されたつくり話ですので、それを踏まえてお読みください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.