子育て情報『ゲームに夢中なときだって生きる道を見つけるチャンス『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.5』

2021年3月24日 20:00

ゲームに夢中なときだって生きる道を見つけるチャンス『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』Vol.5

ゲームの時間も親の声かけ次第で自律性を伸ばすチャンスに

目次

・ゲームの時間も親の声かけ次第で自律性を伸ばすチャンスに
・「子どもを管理する」という視点から一歩抜け出してみる
・まとめ
・次回の内容は……?
・書籍『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』について
1197876384


親御さんからよく受ける相談に、「子どもがゲームばかりしている」というものがあります。
今はゲーム機やスマホの進化により、いつでもどこでもゲームができるようになり、よりゲームにのめり込む子どもが増えてきたことは事実でしょう。

多くの親御さんはゲームをやめさせようと、子どもに言葉をかけると思います。
「ゲームはやめなさい」や、「いつまでやってるの? いい加減にしなさい! 自分でゲームする時間を決めなくちゃいけないでしょ?」、大体このあたりでしょうか。
では、これらの言葉をかけたとして、その後のお子さんの行動は、どのように変化するでしょうか?

①親の言葉に素直に従い、自らゲームをやめようとする
②親の言うことに納得していないけど、イライラしながらゲームをやめる
③親の言うことを無視して、ゲームをやめない

おおよそは、このどれかに変化すると思います。
これらのうち、どの姿が子どもの自律した姿だと言えるでしょうか。
「自分で考え、自分で判断し、自分で決定し、自分で行動する」。これを自律と定義すれば、①は自分で行動していますが、自分で考えてはいないので当然自律した姿とは言えません。②も同様です。
③は自律した姿ではあるけれど、親としては困ったものでしょう。

まずは、ゲームが本当に悪いことなのかどうかという点に着目して、話を進めます。
とくに男の子には「過集中」、つまり一つの物事に過度に集中してしまい、周りが見えなくなってしまう傾向の強いお子さんが多いです。
お子さんがゲームに熱中しすぎていて、声をかけても反応がなかったり、食事や寝る時間を守れなかったりということが続けば、たしかに不安でしょう。

しかし繰り返しになりますが、私が教師として大事にしてきたのは、子ども自身が、社会に出てから生きる力を見つけることです。そのために、このゲームに対する「興味」や「集中」を使わない手はありません。

「子どもを管理する」という視点から一歩抜け出してみる

901816632


たとえば子どもがゲームに熱中しているときに、こんな質問をぶつけてみるのです。「このゲームを攻略するために、どんな工夫をしているの?」

すると子どもたちは、自分がしている工夫について嬉々として話し始めるでしょう。
その答えを聞けば、お子さんの行動パターンが見えてきます。
たとえば敵の情報をリサーチする戦略家タイプなのか、とにかく指先を早く動かす練習をずっとしている努力家タイプなのか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.