子育て情報『お食い初めの基礎知識|お膳の献立・食べさせる順番など』

2021年6月15日 15:35

お食い初めの基礎知識|お膳の献立・食べさせる順番など

地域によっては白いご飯をお膳に並べるケースもあるそうです。

お膳の並べ方は?

1722389 s


お膳の並べ方は決まりがあります。上記の画像を参考にしてください。

■手前左=飯椀(お赤飯)
■手前右=汁椀(お吸い物)
■奥側左=平椀(煮物)
■奥側右=つぼ椀(香の物)
■中央=腰高(歯固め石と梅干など)
■尾頭付きの魚は別皿に盛り付ける

食べさせる順番は?

1206991518


長寿にあやかるため、その場で最年長の同性(祖父母など)が、赤ちゃんの口元に食べ物を運ぶ役になることが多いようです。男の子ならおじいちゃんやお父さん、女の子ならおばあちゃんやお母さんが膝の上に抱いてあげ、食べさせる真似をします。

食べさせる順番は、お赤飯→お吸い物→お赤飯→お魚→お赤飯→お吸い物の順。これを3回繰り返します。祝い箸を使い、赤ちゃんの口元に運んで、食べさせる真似をすればOK。

万が一、食べさせる順番を間違ってしまっても問題ありません。わかるところから再度始めても良いですし、最初からやり直しても大丈夫です。

赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまったら、中断しても構いません。大切なのは赤ちゃんの健康を願う気持ちです。形にとらわれすぎず、柔軟に行うようにしてくださいね。

食べさせる真似が終わったら、次は"歯固め"の儀式です。歯固めの石に祝い箸を当てたら、赤ちゃんの歯茎にちょんと当てます。「丈夫な歯が生えてきますように」と願いを込めながら行いましょう。(※石を赤ちゃんの口に入れるなどをしないように気をつけましょう)

以上でお食い初めの儀式は終わりとなります。赤ちゃんの健やかな成長を祈りつつ、お膳をいただきましょう。

簡単に作れる! お食い初めのお膳レシピ

"お膳"と聞くとかしこまったイメージが先行してしまい、調理が難しいと思ってしまうかもしれませんね。ですが、お食い初めのお料理は意外にも簡単に作れるものばかりなんです。

赤ちゃんのお世話で大変だけど、手作りのものを用意したいと思っているママのために、簡単に作れるレシピを2つご紹介します。

お出汁をとらずに簡単に作れる『お吸い物』

1216691463


【材料】(4人前)
・水・・・1,000ml
・顆粒だし・・・小さじ2
・醤油・・・小さじ1
・塩・・・小さじ1/2
・はまぐり・・・8枚
・三つ葉・・・適量

【作り方】
①はまぐりの砂抜きをしておきます。調理に入る1~2時間前に塩水につけて常温に戻します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.