子育て情報『おすすめ補助便座15選|お手入れカンタン&使い勝手が良いものをタイプ別に紹介』

2021年6月15日 18:39

おすすめ補助便座15選|お手入れカンタン&使い勝手が良いものをタイプ別に紹介

トイレトレーニングに補助便座がおすすめ!の理由

目次

・トイレトレーニングに補助便座がおすすめ!の理由
・おまるより断然お手入れが楽
・トイレで排泄する習慣づけ
・通常便座へ移行しやすい
・補助便座には4種類ある
・乗せるだけタイプ
・乗せるだけハンドル付きタイプ
・ステップ付きタイプ
・携帯できるタイプ
・お手入れ簡単な補助便座【乗せるだけタイプ】のおすすめ商品
・Hiveseen『幼児用便座 ベビー補助便座』
・TOTO『幼児用補助便座』
・Richell『ソフト補助便座』
・Richell『ポッティス 補助便座』
・ベビービョルン『トイレットトレーナー』
・安定感抜群な補助便座【乗せるだけハンドル付きタイプ】のおすすめ商品
・Comibi『ベビーレーベル補助便座』
・永和『取っ手付き補助便座グレー』
・パイロットインキ『アヒル隊長補助便座』
・アガツマ『アンパンマン 2WAY補助便座 おしゃべり付き』
・はじめからステップが付いている補助便座【ステップ付きタイプ】
・GAOAG『ステップ式補助便座』
・Sozzby『折りたたみ 幼児用便座』
・GrowthPic『ステップ式トイレトレーナー』
・外出先でもサッと取り出して使用可【携帯できるタイプ】
・LINXAS『折りたたみ式 お子さま用補助便座』
・Xamtoon『折りたたみ 子供用 幼児用便座』
・サンコー『折りたたみ式補助便座』
・「あると便利」なプラスワン補助用具・お助けグッズ
・ステップ台
・補助便座スタンド
・飛び散り防止パット
・トイトレご褒美シール
・まとめ
499849422


トイレトレーニングを始める目安は、一人でしっかり歩けるようになり、おしっこの間隔が空いてきた2歳前後と言われています。とはいえ個人差が大きいので、子供の様子を見ながら始める時期を考えましょう。

今回は、トイレトレーニングを始めるにあたり『補助便座』について詳しく解説します。なぜ"おまるではなく補助便座をおすすめする"のかについて述べていきます。

おまるより断然お手入れが楽

家庭の洋式トイレで補助便座を使えば、排泄物は普通に流せますし、便器を洗う必要もありません。
しかし、おまるは小さな便器なので、使用するたびに排泄物の処理や便器の掃除をしなくてはなりません。回数が多ければ多いほど、ママパパの手間がかかります。

お手入れが楽なのは断然補助便座です。

トイレで排泄する習慣づけ

おまるは子供が好きな場所で排泄ができるため、リラックスしてできます。しかし最終的には絶対にトイレですることになるので、おまるを卒業した後にトイレの便座でする練習を開始しなければなりません。トイレトレーニングが二度手間になる可能性が高いです。

ですので、最初から補助便座を用いてトイレでする習慣を付けておいた方が、子どももママパパも楽なのではないかと思います。

通常便座へ移行しやすい

体が小さなうちは洋式トイレの上に補助便座を乗せて排泄しますが、子供の体が大きくなってくれば、お尻がすっぽり便器に入ってしまうこともなくなります。また、身長が伸びた男の子がおしっこをするときは補助便座を置かずに立ってするようになります。補助便座から通常便座への移行がスムーズにできますね。

補助便座には4種類ある

967664812


補助便座には大きく分けて4種類のタイプがあります。それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

乗せるだけタイプ

洋式トイレの便座の上に補助便座を乗せるだけ。メリットは次の通りです。

◎使うときだけ乗せればOK、軽いので幼児でも簡単に扱える
◎手入れがしやすい
◎長く使える
◎場所を取らない

便座を洗うのが非常に楽なタイプなので、ママパパの負担が少なくて済むでしょう。

乗せるだけハンドル付きタイプ

乗せるだけタイプの補助便座にハンドルが付いているタイプです。座ったときに子供が掴まれるので、次に挙げたようなメリットがあります。

◎踏ん張りやすい
◎安定感がある
◎トイトレが楽しいと感じやすい

ハンドル部分にお気に入りのキャラクターが付いていると、子どもは喜んで座ってくれる可能性が高くなります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.