子育て情報『子ども用水筒おすすめ9選!ストロータイプ、直飲みタイプ、コップタイプ別に紹介』

2021年7月19日 16:06

子ども用水筒おすすめ9選!ストロータイプ、直飲みタイプ、コップタイプ別に紹介

チェックポイント別! 子ども用水筒の選び方

目次

・チェックポイント別! 子ども用水筒の選び方
・チェックポイント(1)素材
・プラスチック製
・ステンレス製
・チェックポイント(2)飲み口
・ストロータイプ
・コップタイプ
・直飲みタイプ
・チェックポイント(3)容量
・チェックポイント(4)ショルダー紐
・タイプ別! おすすめ子ども用水筒9選
・ストロータイプ
・【ハンナフラ】 キッズ ストロー付きボトル
・【象印】水筒 ストロータイプ ステンレスボトル
・【サーモス】真空断熱ストローボトル
・コップタイプ
・【サーモス】2ウェイボトル
・【Bunnytoo】水筒
・【サーモマグ】トリップボトル
・直飲みタイプ
・【アイリスオーヤマ】ダイレクトボトル くまのプーさん
・【タイガー】水筒 1.2リットル サハラ ステンレスボトル
・【アイリスオーヤマ】ステンレスマグボトル
・まとめ
1710593 s


種類豊富な子ども用水筒。どのように選べばよいかわからない人も多いのでは。選ぶ際は、以下のポイントをまずチェック。ポイント別の選び方をご紹介していきます。

チェックポイント(1)素材

子ども用水筒は、プラスチック製かステンレス製が一般的です。それぞれにメリット・デメリットがあるので、特徴を考慮して選びましょう。

プラスチック製

プラスチック製の水筒は軽量で、子どもでも持ち運びの負担がさほどかかりません。就学前の小さなお子さんは、プラスチック製のほうが扱いやすいでしょう。また、比較的安価なので、複数種類を揃えたいときや、子どもの成長に合わせて買い替えたいというニーズにも合っています。かわいい絵柄や子どもに人気のキャラクターがあしらわれたものも多くあり、お子さんも喜んで使ってくれるでしょう。

ただ、プラスチック製は保温・保冷機能は乏しく、夏はすぐ中身がぬるくなってしまうという難点もあります。

ステンレス製

ステンレス製は保温・保冷に優れており、夏のイベント時やスポーツ時には重宝します。プラスチック製より丈夫で、一度購入すれば長く使えるのもメリット。ただし、本体がしっかりしている分も重さもそれなりにあり、未就学児のお子さんだと遠足などではしんどいかもしれません。小さなお子さんにステンレス製の水筒を購入する場合は、できるだけ軽量のものを選んであげましょう。

チェックポイント(2)飲み口

4566325 s


子ども用水筒の飲み口は、ストロータイプ、コップタイプ、直飲みタイプの3種類があります。それぞれの特徴を解説します。

ストロータイプ

飲み口部分がストローになっており、まだ直飲みがうまくできなかったり、コップを上手に使えなかったりする子どもでも、こぼすことなく飲むことができます。倒してもそれほどこぼれないので、よく動くようになる2~3歳の時期にも安心。

ただ、ストロータイプは洗うのに少々手間がかかります。細いストローの内側まで清潔に保つのはなかなか大変。ストロータイプを選ぶのであれば、専用の洗浄ブラシも併せて購入するのがおすすめです。

コップタイプ

水筒のふたがコップの役割になり、ふたに中身を注いで飲むタイプです。ストローで吸うのが苦手なお子さんには、コップタイプがおすすめ。唾液が中に入らないので、衛生的に使うことができます。ふたと水筒がそれぞれ独立しているので洗うのも簡単。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.