子育て情報『知育にぴったりなそろばんのおもちゃ|カラフルで楽しいおすすめ商品10選』

2021年7月21日 18:00

知育にぴったりなそろばんのおもちゃ|カラフルで楽しいおすすめ商品10選

知育に最適!そろばんのおもちゃ

目次

・知育に最適!そろばんのおもちゃ
・年齢別そろばんの遊び方
・1歳の遊び方
・2歳の遊び方
・3歳の遊び方
・4歳の遊び方
・そろばんの選び方
・珠の大きさや形で選ぶ
・本体の大きさで選ぶ
・年齢に合わせて選ぶ
・見た目の楽しさで選ぶ
・オススメそろばんのおもちゃ10選
・【Hape(ハペ)】カラフルそろばん
・ハロー キティ そろばん
・かえるそろばん
・【山のくじら舎】ベビーそろばん
・【播州そろばん】サイコロそろばん
・【エデュテ】ベビーABACUS(ベビーアバカス)
・【エド・インター】ビーズコースター
・【KUMON TOY】くもんの玉そろばん120
・【iplusmile】玉そろばん
・はじめてのつみき RING10 つみきの王国
・まとめ
2508319 s


昔から計算に使われてきたそろばん。小さな珠がたくさん付いているそろばんは、見た目だけで子どもの興味を引くもの。小さいころ、大人用のそろばんをいじって遊んでいた人もいるのではないでしょうか。

そろばんは、珠を数えたり動かしたりすることで視覚的に数字をとらえられるので、知育にぴったり。せっかくであれば、見た目にもカラフルで楽しい子ども用のそろばんおもちゃを用意してあげましょう。子どもが算数に興味をもつきっかけになるかもしれませんよ。

年齢別そろばんの遊び方

2484491 s


そろばんおもちゃも、ただ珠を動かしているだけではそのうち飽きてしまいます。子どもの年齢に合わせた数遊びは、算数の理解につながり、また、理解したときの達成感は子どもにとってよい刺激になります。ぜひ、大人も一緒に遊んであげましょう。

1歳の遊び方

1歳児はまだ数の概念を理解しながら遊ぶのは難しいので、まずはそろばんのおもちゃを楽しむことから始めましょう。大人が子どもの手を握り、一緒に珠を動かしてみると、子どもも珠の動かし方がわかり楽しんでくれるでしょう。

2歳の遊び方

2歳頃から、「多い・少ない」が少しずつわかるようになってきます。左右の珠を見比べて、「どちらが多いか」といったクイズ遊びをしてみましょう。答え合わせをするときは、子どもと一緒に珠を動かしながら、「1、2、3……」と声を出して数を数えて。「数える」ことが身についてきますよ。

3歳の遊び方

3歳になると、数字をだんだん認識するようになります。珠を1個ずつ動かすのでなく、複数動かして全部で何個になったかなど、数字遊びにも変化をつけてみましょう。この頃になると、そろばんおもちゃでの遊びの幅が広がってきますよ。

4歳の遊び方

4歳以降は、計算要素も入れた遊びを楽しみましょう。「珠を先に3つ右に寄せて、そのあとさらに2つ右に寄せたら、右にある珠は全部でいくつ?」など、クイズ感覚の計算遊びで、楽しみながら計算力を身につけることができます。

そろばんの選び方

4674197 s
大人用に近いシンプルなものから、まるでアート作品のようなデザインのものまで、さまざまな種類があるそろばんおもちゃ。購入する際は、どのようなポイントをチェックすればよいのでしょうか。

珠の大きさや形で選ぶ

大人用のそろばんの珠は直径数ミリ~1cm程度の小さなものが多いですが、子ども用そろばんおもちゃの珠の大きさは多種多様。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.