子育て情報『チャイルドシートパッドおすすめ10選!汗とり・クッションタイプ別人気商品一覧』

2021年8月14日 14:10

チャイルドシートパッドおすすめ10選!汗とり・クッションタイプ別人気商品一覧

チャイルドシートパッドの種類

目次

・チャイルドシートパッドの種類
・汗や蒸れの緩和を目的にした「汗とりパッド」
・衝撃の緩和を目的にした「チャイルドシートクッション」
・汗とりパッドタイプのチャイルドシートパッドおすすめ
・【丹平製薬】カンガルーの保冷・保温やわらかシート
・<チェック柄>チャイルドシートパッド
・【UiterBaby】ベビー汗取りパッド5枚セット
・汗取りパッド 5重ガーゼ 7枚セット
・【ミキハウス】汗とりパッドセット
・クッションタイプのチャイルドシートパッドおすすめ
・【Miracle Baby】チャイルドシート 新生児保護クッション
・【Shinnwa】チャイルドシート シート
・チャイルドシート クッション
・【AirBuggy】コットン ヘッドサポート
・バナナデザインのU字型のベビーサポート枕
・まとめ
3568119 s


チャイルドシートパッドは、チャイルドシートに取り付けるパッドのこと。主に「汗や蒸れの緩和を目的にしたもの」と「車の揺れによる衝撃の緩和を目的にしたもの」に分けられます。

汗や蒸れの緩和を目的にした「汗とりパッド」

赤ちゃんは大人に比べて体温調整機能がうまくできないため、ちょっとした暑さでも汗をかきます。

チャイルドシートに座っているときに大量の汗をかけば、当然背中は蒸れて赤ちゃんも不快に。あせもなどの原因になることもあります。そんな汗や蒸れを緩和してくれるのが、「汗とりパッド」とも呼ばれるタイプのチャイルドシートパッド。赤ちゃんの背中や後頭部などにあてて使います。

衝撃の緩和を目的にした「チャイルドシートクッション」

蒸れのほかに心配なのが、車の振動による衝撃。「チャイルドシートクッション」と呼ばれるタイプのチャイルドシートパッドはクッション性に優れ、赤ちゃんの頭や体を振動から守ってくれます。新生児期から使えるシートクッションタイプのほか、頭や首を支えるネックピロータイプもあります。

汗とりパッドタイプのチャイルドシートパッドおすすめ

汗とりパッドタイプのチャイルドシートパッドは、素材がポイント。赤ちゃんの汗をしっかり吸収してくれることはもちろん、首や腕などを中心に、赤ちゃんの肌に直接触れることも多いので、肌にやさしい素材であることが重要です。そんな条件を満たした、おすすめのチャイルドシートパッドをピックアップしました。

【丹平製薬】カンガルーの保冷・保温やわらかシート

最適な温度でおよそ5時間保冷・保温効果が続く特殊ジェルが採用されています。ジェルを入れる専用カバーはジェルの冷たさをやさしく伝える温度調整機能付きで、なおかつクッション性もあり。また、ジェルは電子レンジで温めれば保温シートにもなるので、夏の暑い時期だけでなく冬の冷える時期でも活躍します。チャイルドシートだけでなく、ベビーカーにも取り付け可能です。

<チェック柄>チャイルドシートパッド

ひもをチャイルドシートにある穴に通してしっかり固定できるため、ずれたりよれたりしにくいパッドです。よく動く月齢になった赤ちゃんにもおすすめ。素材は東レの「クールモーション(R)」を使用し、汗や水分をすばやく吸い取り、接触冷感を実現します。

【UiterBaby】ベビー汗取りパッド5枚セット

こちらは肌着アの下に挟んで装着する汗取りパッド。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.