子育て情報『回転式チャイルドシートおすすめ5選!人気コンビ・アップリカなど新生児から使える商品一覧』

2021年9月26日 14:45

回転式チャイルドシートおすすめ5選!人気コンビ・アップリカなど新生児から使える商品一覧

回転式チャイルドシートのメリット・デメリット

目次

・回転式チャイルドシートのメリット・デメリット
・回転式チャイルドシートのメリット
・回転式チャイルドシートのデメリット
・回転式チャイルドシートの選び方
・サイズ、重さをチェック
・取り付け方法はシートベルトかISOFIXか
・対象年齢、使える期間を確認
・口コミでも人気!おすすめ回転式チャイルドシート
・【アップリカ】ISOFIX固定 フラディアグロウ
・【コンビ】クルムーヴ スマート Light
・【日本育児】Bambino (バンビーノ)
・【LETTAS】チャイルドシート
・【アイリスプラザ】チャイルドシート
・まとめ
22139271 s


チャイルドシートを選ぶ際、迷ってしまうポイントのひとつが、「回転式か固定式か」。回転式を選ぶ際も、そのメリット・デメリットはしっかり把握しておきましょう。

回転式チャイルドシートのメリット

回転式チャイルドシートの大きなメリットは、赤ちゃんの乗せ降ろしが固定式に比べラクになること。

固定式の場合、チャイルドシートは車体に対し前向きか後ろ向きの状態なので、赤ちゃんを横抱きの状態で乗せなければなりません。自分でお座りできる月齢ならまだしも、新生児期は首も座っていないので、横抱きのまま後ろ向きシートに乗せるのはなかなか大変です。一方の回転式は、シートをくるりとドア側に回転できるので、正面から乗せることができスムーズ。乗せ降ろしの負担が大きく軽減されます。

また、ドライブ中もシートを回転させて赤ちゃんと向き合うことができるので、汗を拭いたりミルクをあげたりといった車内でのお世話もしやすくなります。

回転式チャイルドシートのデメリット

回転式チャイルドシートは一般的に固定式よりも価格が高く、また、本体サイズも大きいことが多いです。そのため、低価格で買い求めたい場合や、車がコンパクトであまりチャイルドシートで幅をとりたくない、という場合は慎重に検討しましょう。

回転式チャイルドシートの選び方

回転式チャイルドシートはお値段的にも、それなりに大きな買い物になります。失敗しないためにも、回転式チャイルドシートの選び方を押さえておきましょう。

サイズ、重さをチェック

回転式のチャイルドシートは、回転に必要な部位がシートに付属されるため、その分、高さと重さがプラスされます。一般的に、固定式に比べサイズが大きく、重量も大きくなります。

まずは自家用車に乗せても問題ないサイズなのかどうかを確認しましょう。回転する分、スペースが必要になることも忘れずに。車が2台あるなどチャイルドシートを頻繁に移動させることが想定されるのであれば、移動に負担のないできるだけ軽量なものを選ぶとよいでしょう。

取り付け方法はシートベルトかISOFIXか

チャイルドシートの取り付け方法は、従来のシートベルト式と、近年商品が増えているISOFIX(アイソフィックス)式、その両方ともに対応しているタイプとがあります。

シートベルト式はほとんどの車種に取り付けられるので、レンタカーやカーシェアでも使えます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.