子育て情報『庭で遊べる屋外ブランコおすすめ6選! 1人用からベンチ型まで』

2021年7月23日 15:10

庭で遊べる屋外ブランコおすすめ6選! 1人用からベンチ型まで

庭で遊べる屋外ブランコの選び方

目次

・庭で遊べる屋外ブランコの選び方
・用途や環境に合った設置タイプのものを選ぶ
・取り外し可能な「取り付けタイプ」
・設置場所を自在に選べる「組み立てタイプ」
・子どもだけで遊ぶなら1人用、大人も楽しむならベンチ型
・庭の広さに合った大きさの屋外ブランコを選ぶ
・対象年齢・耐荷重を確認
・タイプ別! おすすめ庭用屋外ブランコ<取り付けタイプ>
・【ケンコバハンズ】お家でブランコ
・【Pellor】木製ブランコ
・【Hazli】ブランコ
・タイプ別! おすすめ庭用屋外ブランコ<組み立てタイプ>
・【Smail Garden & Ex】木製ブランコ
・【Field Partner】シェード付きブランコ
・【imono117 Bandiera】折りたたみ式 家庭用ブランコ
・まとめ
3505207 s


庭用屋外ブランコを選ぶ際は、安全性や利便性などの面から、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

用途や環境に合った設置タイプのものを選ぶ

庭用屋外ブランコは、大きく「組み立てタイプ」と「取り付けタイプ」に分けられます。それぞれの特徴やメリットを理解し、用途や環境に合ったものを選びましょう。

取り外し可能な「取り付けタイプ」

取り付けタイプは、庭の木や頑丈な柱などに取り付けて使用するブランコ。庭の大木の枝につければ、海外の絵本や映画に出てくるような、木の枝にぶら下がったメルヘンチックなブランコが完成します。

金具でロープを付けるだけなので、取り付けも簡単。また、家の中のポールなどに設置して屋内で遊ぶことも可能です。屋外でも屋内でも使用しないときは取り外してしまっておくこともできるので、雨風にさらされることもなく、お手入れもそれほど必要ありません。

ただ、ブランコは子どもが乗っただけでもかなりの重量がかかります。設置する場所は慎重に検討する必要があるでしょう。また、そもそもが取り付ける大木や頑丈な柱があることを前提としているので、設置できる場所がなければ使用できません。どこに取り付けるか、取り付けて問題ないかをしっかり確認したうえで購入する必要があります。

設置場所を自在に選べる「組み立てタイプ」

組み立てタイプは、木や柱に付けるのでなく、ブランコが単独になっていて組み立てて使うタイプです。組み立て作業は少々手間がかかりますが、ブランコを取り付ける木や柱を探す必要がなく、スペースさえあればどこにでも設置できます。組み立てる際の工具がセットになっているものもあれば別売りになっているものもあるので、購入する際はその点も確認してください。

難点は、解体に時間がかかるので都度しまうのが難しく、雨や風にさらされてしまうこと。雨風に長くさらされると劣化も進んでしまうので、組み立てた後に塗装したり防腐塗料を塗ったりすることを推奨している商品もあります。

子どもだけで遊ぶなら1人用、大人も楽しむならベンチ型

4916320 s
ブランコを選ぶ際は、誰が遊ぶかも考慮して選びましょう。

基本的に子どもだけで遊ばせるのであれば、1人用もしくは2人用のブランコがおすすめです。1人用は、いわゆる公園に設置されている個々で遊ぶブランコで、2人用は1人用×2で販売されているもの。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.