子育て情報『【0~3歳までの年齢別】絵本専門店がセレクト! 4月に読みたいこの3冊』

2021年4月29日 14:00

【0~3歳までの年齢別】絵本専門店がセレクト! 4月に読みたいこの3冊

<<連載『絵本のプロが選ぶ おすすめ3冊』をすべて読む>>

0歳向け

目次

・0歳向け
・【写真左】『1,2,3どうぶつえんへ』(作・絵:エリック・カール/偕成社)
・【写真中】『けんけん ぱっ』(作・絵:にごまりこ/福音館書店)
・【写真右】『パンふわふわ』(作:彦坂 有紀 もりと いずみ/講談社)
・1歳向け
・【写真左】『たべたのだーれだ?』(作・絵:たむら しげる/福音館書店)
・【写真中】『にちにち らんらん』(著:tupera tupera/白泉社)
・【写真右】『こりゃ まてまて』(作:中脇 初枝、絵:酒井 駒子/福音館書店)
・2歳向け
・【写真左】『たべたの だあれ』(作・絵:五味 太郎/文化出版局)
・【写真中】『たいこ』(作・絵:樋勝 朋巳/福音館書店)
・【写真右】『しゃっくりくーちゃん』(著:竹下 文子、絵:岡田 千晶/白泉社)
・3歳向け
・【写真左】『チリとチリリ』(作・絵:どい かや/アリス館)
・【写真中】『こどもたちは まっている』(作:荒井 良二/亜紀書房)
・【写真右】『おおきくなったらなにになる?』(文・絵:ディック・ブルーナ、訳:まつおか きょうこ/福音館書店)
・まとめ
Ehon2104 0

【写真左】『1,2,3どうぶつえんへ』(作・絵:エリック・カール/偕成社)

ゾウやカバ、キリンなどの動物たちが列車に乗って、動物園へ。文字はありませんが、ページをめくるごとに動物の数が増えていくので、自然と数への興味が湧いてくるような絵本。

この絵本は、『はらぺこあおむし』で人気の、エリック・カールのデビュー作。いろんな読み方ができ、最初に絵を楽しんだら、次は動物の名前を覚えたり、どのページにも登場するネズミを探したり、動物の数を数えたり……。赤ちゃんのころから何度でも楽しめます。ボードブックで紙が厚く、頑丈な作りなのもおすすめポイントです。

【写真中】『けんけん ぱっ』(作・絵:にごまりこ/福音館書店)

初めはネコが出てきて「けんけん ぱっ」。次に、イヌが出てきてネコと一緒に「けんけん ぱっ」。そのうちクマやリスなどの動物たちが加わってきて「けんけん ぱっ」。

動物たちが「けん」のときに横をむいていて、「ぱっ」のときに正面を向く動きが、まるで「いないいないばあ」の動作のようで、とってもリズミカル。最後のページに向かうにつれて盛り上がりがどんどん加速するので、楽しい気分になりたいときにおすすめの絵本です。

【写真右】『パンふわふわ』(作:彦坂 有紀 もりと いずみ/講談社)

ミルクパンはふわふわ。バターロールはふーわふわ。ベーグルはもちもち。いろんなパンとその食感を柔らかく描いた絵本です。

木版画で描かれるパンがとっても優しく、思わず触ってみたくなります。「ふわふわ」や「もちもち」、「さくさく」などいろんな音が出てくるので、ぜひ赤ちゃんにも食感が伝わるように読んでみてください。読んでいるうちに、なんだか焼き立てのパンのいい香りがしてくるようで、あったかい気持ちになれます。

1歳向け

Ehon2104 1

【写真左】『たべたのだーれだ?』(作・絵:たむら しげる/福音館書店)

チーズを たべたの だーれだ? 誰かが穴から覗いています。ページをめくると、ねずみの家族が顔を出しました。はっぱを たべたの だーれだ? さくらんぼ たべたの だーれだ?

穴開きのしかけが楽しいこちらの絵本は、穴からちらっと見える動物たちの顔がとてもかわいい作品です。穴の部分は赤ちゃんが触っても痛くないよう、鋭利な部分は丸めてあるので、安心して遊べます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.