子育て情報『【月齢別】知ってますか? 子どもの夜泣きが減る理想的な睡眠時間『子育てで眠れないあなたに』』

2021年7月5日 17:00

【月齢別】知ってますか? 子どもの夜泣きが減る理想的な睡眠時間『子育てで眠れないあなたに』

<<『子育てで眠れないあなたに』の記事をすべて読む>>
赤ちゃんの夜泣きで考えられる原因の一つが、赤ちゃんの睡眠時間が足りているかどうかという点です。赤ちゃんの睡眠サイクルは大人と違うため、お昼寝と夜の睡眠を合わせて何時間くらい寝ているのかわかりにくいもの。

今回は夜泣きドクターとして活躍するもりたま先生(森田真理子先生)が、赤ちゃんの月齢・年齢ごとの睡眠時間の目安について解説します。

【赤ちゃんの夜泣き対策】夜の睡眠時間を早めた例

目次

・【赤ちゃんの夜泣き対策】夜の睡眠時間を早めた例
・赤ちゃんの睡眠時間、 だいたいの目安【もりたま先生】
・子どもの睡眠時間の推奨(アメリカ国立睡眠財団)
・【もりたま先生監修】赤ちゃんの睡眠時間に関する記事
・書籍『子育てで眠れないあなたに 夜泣きドクターと睡眠専門ドクターが教える細切れ睡眠対策』について
Nemurenai5 1

赤ちゃんの睡眠時間、 だいたいの目安【もりたま先生】

赤ちゃんに上手に寝てほしいと思うなら、赤ちゃんがそもそもどのくらい眠るものなのか、知ることが大切です。どのくらいの睡眠時間が良いのかというのは難しい問題ではありますが、いくつか大きな団体が推奨時間を発表しています。

子どもの睡眠時間の推奨(アメリカ国立睡眠財団)

生後0〜3カ月:14〜17時間
生後4〜11カ月:12〜15時間
生後1〜2歳:11〜14時間
生後3〜5歳:10〜13時間

ちなみに大人は7〜9時間です。どうでしょう、7時間眠れているママって、少数派かもしれないですね……。
世界保健機関も子どもの睡眠時間についてほぼ同じ推奨を出していて、唯一違うのは、4〜11カ月が12〜16時間になっているということです。

これらはお昼寝と夜の睡眠を合わせた、1日の合計睡眠時間なので、ちょっとピンとこないかもしれません。多くの赤ちゃんは、生後3カ月頃には比較的夜にまとまった時間眠るようになり、昼に起きている時間が長くなります。そうなると、昼と夜の睡眠で分けたほうが考えやすいですね。

夜の睡眠時間については、先ほどのアメリカ国立睡眠財団からも、世界保健機関からも、推奨は示されていません。ただし、子どもの睡眠不足の悪影響を調べた研究では、夜の睡眠時間が10時間を切ると肥満等が増えるといった結果のものがありますので、およそ10〜12時間を目安考えると良いと思います。
つまり、先ほどの1日の推奨睡眠時間から10〜12を引いた時間が、お昼寝の(合計の)目安時間ということですね。

【もりたま先生監修】赤ちゃんの睡眠時間に関する記事

もりたま先生(森田麻里子先生)監修の以下の記事も合わせてお読みいただくと、赤ちゃんの睡眠についてより深く知ることができます。▶【医師監修】子供の理想的な睡眠時間はどのくらい?年齢(月例)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.