子育て情報『【夜泣きドクター伝授】”ねんトレ”は新生児から! 親子で無理なくできる”プレ”ねんトレの始め方『子育てで眠れないあなたに』』

2021年7月8日 17:00

【夜泣きドクター伝授】”ねんトレ”は新生児から! 親子で無理なくできる”プレ”ねんトレの始め方『子育てで眠れないあなたに』

<<『子育てで眠れないあなたに』の記事をすべて読む>>
赤ちゃんの夜泣きが起こった際に、泣きやませようとすぐに抱っこをしていませんか? 授乳やミルクの時間ではないのにすぐに抱っこをしてしまうと、かえって赤ちゃんの寝るタイミングを妨げてしまうことも……。

赤ちゃんが泣いてしまったときはどんな寝かしつけを、どのような順番ですればよいのでしょうか。今回は、新生児~5カ月からできる「ねんねトレーニング(ねんトレ)」を、夜泣きドクターのもりたま先生(森田麻里子先生)が解説します。

新生児〜5カ月の寝かしつけ:プレトレーニング【もりたま先生】

目次

・新生児〜5カ月の寝かしつけ:プレトレーニング【もりたま先生】
・【もりたま先生監修】赤ちゃんの寝かしつけに役立つ記事
・【もりたま先生監修】赤ちゃんのひとり寝に関する記事
・書籍『子育てで眠れないあなたに 夜泣きドクターと睡眠専門ドクターが教える細切れ睡眠対策』について
Nemurenai8 1


「“ねんねトレーニング”って、結局具体的にどうしたらいいの?」
「ネットを見るといろいろ書いてあるけれど、どれがいいのかわからない」
そんなふうに思っているママも多いと思います。

ねんねトレーニングには、大きく分けて2つの要素があります。

①生活リズムなどを整えること
②赤ちゃんの寝かしつけ方法を変えること

人によって、本によって、この両方を言っていることもあれば、どちらか片方を指していることもあります。

生後5カ月までの赤ちゃんに必要なのは、①の要素です。
生活リズムを整えること、眠りやすく安全な寝室の環境を整えてあげることです。
この頃の赤ちゃんは、脳そのもの、そして睡眠自体も急激に発達している途中です。寝かしつけの時の授乳や添い乳、抱っこなどをやめるトレーニングに取り組めば、夜泣きがなくなるというものでもありません。まだまだママ・パパのサポートが必要なこともある時期なので無理は禁物!
まずは、焦らず赤ちゃんをよく観察し、個性を理解して、ぴったりの生活リズムを探っていきましょう。

そのためにおすすめなのは、いつ睡眠を取ったかの記録をつけてみることです。手書きの育児日記でもいいですし、便利な育児記録アプリもたくさんありますね。好みのもの、使いやすいと感じるもので大丈夫です。
どのくらいお昼寝すると機嫌がいいのか、だいたい何時頃に寝て、何時頃に起きることが多いのかなど、記録することではじめて気づくこともたくさんあります。
記録は、1分単位まで細かくする必要はありません。10分とか15分くらいの単位でアバウトにわかれば大丈夫。母乳やミルク、排泄の状態、ちょっとした日記のような一言メモなども一緒に記録しておくと、より赤ちゃんの状態がわかりやすくなります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.