子育て情報『【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件』

2021年10月31日 19:20

【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件

目次

・子育て中にヒヤリとしたことはありますか?
・誤飲・誤食に注意!
・喉詰めも危険!
・高いところから落ちる
・車に気をつけよう!
・お風呂場の事故
・行動は予測不能
・まとめ
11744 mian

(イラスト:まちこ @achiachiachico)

子育て中にヒヤリとしたことはありますか?

11744 graph


忙しい育児の日々の中、子どもの事故やケガには最大限の注意を払っているママたち。しかしそんな中でも、ヒヤリとした経験をしたことがある人は約半数の49%いました。

どのような状況だったのか、詳しいエピソードを見ていきましょう。

誤飲・誤食に注意!

【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件
0才の時に自分がしたうんちがオムツからもれてて食べそうだった。

(39歳/情報・IT/営業職)
【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件
アイロンビーズを飲み込んだみたいで、うんちと一緒に出てきた……笑。

(29歳/自動車関連/事務系専門職)
【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件
おとなしく遊んでいるなと思ったら、下剤を美味しそうに食べていた。胃洗浄に走った。

(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)
誤飲・誤食は、子どもの事故のなかでも件数が多い事例です。乳幼児は、手に持ったものを何でも口にしてしまいますし、なにが食べられるものなのかよくわかっていません。タバコの吸い殻も要注意です。ジュースの缶を灰皿代わりにしている人はすぐにやめましょう。最近では、キューブ状の洗濯洗剤もおいしそうに見えて危険です。子ども目線で身の回りを点検してみてください。

喉詰めも危険!

【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件
1歳ころ、りんごを喉につめてむせた。

(40歳以上/医療・福祉/専門職)
【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件
飴を飲み込んでのどにつかえてしまい、足首を持って逆さにして背中をたたいて取った。

(40歳以上/人材派遣・人材紹介/技術職)
【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件
つかみ食べの練習時、パンを頬張りすぎて喉をつまらせかけた。

(34歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
異物の誤食だけではなく、食べ物をのどに詰めてしまう場合もあります。「もう大きいから」と油断は禁物です。柔らかいものばかり与えていると、よく噛む習慣がつかず、食べ物を丸のみするようになります。適度な固さと大きさで与えることが大切です。食べるときは、必ず大人が見ているようにしましょう。ミニトマトやブドウも事故が発生していますので、半分~1/4に割ってからあげましょう。

高いところから落ちる

【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件
6カ月のころ、親のベッドの真ん中にいるから大丈夫だろうと思っていたら、いつの間にか移動してベッドから落ちてしまった。

(40歳以上/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
【ヒヤリ・ハット】無事でよかった! 子育て中に気をつけたい事故案件
3歳のころ、ソファから乗り出した子供がそのまま頭からソファから落ちた時。気づいて引っ張ったので、強打しないですんだが、ひやっとした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.