子育て情報『【ママから大事なお知らせ】赤ちゃんの夜食、本日からセルフとなります『#赤ちゃん相談室』』

2021年8月20日 11:55

【ママから大事なお知らせ】赤ちゃんの夜食、本日からセルフとなります『#赤ちゃん相談室』

<<『#赤ちゃん相談室』をすべて読む>>

重力に逆らう余力もなくなってくるんです

お客さま(赤ちゃん)からのご相談

(6か月 女性)

先日までは夜にお腹がすくと、
女性が抱きあげて飲ませてくれたのですが、
最近は寝たまま飲まされます。
サービスの低下ではありませんか?

スタッフ(ママ)の回答

(40代 女性)@ikujidays

女性スタッフの睡眠不足解消と
体力温存のため、
添い乳システムを導入しました。
品質は変わりませんので
ご安心ください。

目次

・重力に逆らう余力もなくなってくるんです
・お客さま(赤ちゃん)からのご相談
・スタッフ(ママ)の回答
・赤ちゃん相談室・室長から
・小児科医・森戸やすみからのアドバイス
・添い乳は「ゲップ」を忘れずに
・書籍『#赤ちゃん相談室』について
P61

赤ちゃん相談室・室長から

え~、担当スタッフへ業務連絡です。添い乳実施の際には「乳のしまい忘れ」に注意を。出しっぱなしでも、業務に支障はないのですがね。

小児科医・森戸やすみからのアドバイス

添い乳は「ゲップ」を忘れずに

ちまたでは「添い乳は窒息が怖い」なんて声もあるようですが、生後6か月にもなれば、お子さんもだいぶ重くなってくるでしょう。深夜眠くてフラフラな状態で抱っこし、万が一転倒して落としたりするような事故があれば、そちらのほうが一大事です。ただしゲップが十分に出ないと、母乳やミルクが胃から食道に上がってきて泣いたり吐いたりするので、添い乳でも授乳後そのまま寝てしまわず、できるだけゲップは出すようにしましょう。

【助産師解説】添い乳は危険!?リスク回避の5つのポイント
(『#赤ちゃん相談室』(監修・森戸やすみ、イラスト・大野太郎、原案・もーちゃん/宝島社)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)

<<『#赤ちゃん相談室』をすべて読む>>

書籍『#赤ちゃん相談室』について

子育てママから広がってバズったハッシュタグ「#赤ちゃん相談室」が書籍化!

「赤ちゃん=相談者」「親=相談員」として繰り広げられる相談&回答の数々に、ママ・パパからの共感の声多数! 赤ちゃんならではの視点で寄せられるクレームとカスタマーサービス風の冷静な回答に思わずクスっと笑ってしまいます。小児科医・森戸やすみ先生の子育てアドバイス付き。子育ての疲れを癒すだけでなく、「ためになる」一冊です。

監修者プロフィール 森戸やすみ 先生
小児科専門医。医療者と非医療者のかけ橋となる記事を書き、Twitterでも積極的に育児情報を発信している。著書『小児科医ママが今伝えたいこと! 子育てはだいたいで大丈夫』(内外出版社)ほか多数。

イラストレータープロフィール 大野太郎 さん
2019年にGIFゲーム『赤ちゃんにおむつをはかせるゲーム』、2020年に『1いいねにつき1日成長する赤ちゃん』をTwitterに投稿してバズる。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.