子育て情報『hitomi、息子が産まれてはじめて体調崩し「ホント辛そう」。娘の高熱に焦った記憶も「私自身不安だったな…」』

2021年7月5日 11:40

hitomi、息子が産まれてはじめて体調崩し「ホント辛そう」。娘の高熱に焦った記憶も「私自身不安だったな…」

hitomiさん三男の体調不良に「突発性発疹?」

目次

・hitomiさん三男の体調不良に「突発性発疹?」
・元気のなさそうな三男くん。
・父の日、イケメンパパに抱かれてプレゼントに興味津々?
・突発性発疹は1歳以下の発症がほとんど
1175384289


1994年に歌手としてデビューしたhitomiさん。現在、中学一年生の長女、小学一年生の長男、4歳の次男とまもなく1歳を迎える三男という4人のお子さんを育てています。

hitomiさんは7月1日にブログを更新。「チビくん」が「産まれてはじめて体調を崩した」と明かし、「赤ちゃんが体調悪いのはホント辛そうで、、、早く元気になるといいなぁ~」と綴っていました。

翌日も引き続き三男の体調は悪かったそうで、「具合が悪いチビ坊やくん。ホント、こんなに悪くなったのがなかったから、、、私も真夜中、一緒に度々起きながら…縦抱っこの方がラクみたい、、、」と、具合が優れない子どもにhitomiさんも付き添って、眠れない夜を過ごしたようです。

病院を受診すると「突発性発疹」の可能性があると言われたそうで、長女のときの記憶を思い出したそう。約12年前の当時、hitomiさんは初めての赤ちゃんだった娘の高熱に焦りまくり、「あの時は特に、私自身不安だったな…」と述懐しました。

Instagramでも、「ムスメがこのくらいの時もこれにかかって、40度近い熱がでて焦ったし、無茶苦茶不安になりました。苦しそうな姿、変わってあげたいくらい…早く良くなりますように…」と投稿。本当に、小さい子どもが熱に苦しんでいるときは、親が代わってあげられたら……と思ってしまいますよね。

7月4日には、まだ本調子ではないものの少し良くなってきたと四男の様子を報告。体調が回復してきたようで何よりですね。

元気のなさそうな三男くん。


父の日、イケメンパパに抱かれてプレゼントに興味津々?


突発性発疹は1歳以下の発症がほとんど

突発性発疹とは、その名の通り、突発的に発疹が起こる病気。最初に発熱症状が出ることが多く、高熱の状態が3~4日続きます。高熱があるわりには比較的、赤ちゃんの機嫌は良く元気なことが多いのが特徴です。

発症から4日ほど経ったころ、自然に熱が下がるのと同時期に、小さくて赤い発疹が胸やお腹など体幹部を中心に体中に表れます。かゆみはあまりなく、これもまた3日ほどで跡を残さず自然に消えていきます[*1]。これが突発性発疹の一般的な経過です。

突発性発疹にかかる時期は、お母さん由来の抗体がなくなる生後6ヶ月以降から2歳ごろまでが多く、約90%が1歳以下(生後6ヶ月~1歳)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.