子育て情報『男性育休のメリットがありすぎた!「妻)夫をだいしゅきに」「夫)いいことしかなかった」峰なゆかさん夫婦インタビュー』

2021年7月29日 11:01

男性育休のメリットがありすぎた!「妻)夫をだいしゅきに」「夫)いいことしかなかった」峰なゆかさん夫婦インタビュー

会社員の夫が一年間の育休を取得

昨年4月に出産した峰なゆかさん。産後すぐから漫画家・イラストレーターとして仕事を再開しています。会社員であるパートナー(以下、夫さん)は、翌4月までほぼ一年間の育児休業を取得し、家事と「我が子ちゃん」の育児に奮闘してきたといいます。そんな育休期間のこと、そして夫さんが職場復帰した現在のことを、たっぷり聞きました。

「男性育休、めっちゃオススメ!」と声を揃える峰さんご夫妻。その理由は?


峰なゆかさん(36歳)
漫画家。アラサー世代の女性の恋愛観を冷静かつ的確に分析した作風が共感を呼び、各誌で活躍中。『アラサーちゃん無修正』(全7巻)シリーズは累計70万部を突破。「女子SPA!」で新連載「チャラいヒゲ、子を育てる」スタート

夫さん(38歳)
教育関係の仕事をする会社員

我が子ちゃん(1歳3ヶ月)
2020年4月に誕生。すくすく成長中

産後いきなりのワンオペ育児に突入

ーー夫さんが育児休業を取った期間は、いつからいつまででしたか?

夫さん:去年の4月に我が子ちゃんが誕生してからほぼ一年間で、今年の4月1日から復職していますが、その前になゆちゃんが臨月でとても体調が悪くなって、産前の3月後半には有給休暇を取っていたんです。

峰さん:とにかく臨月の状態がつらくてつらくて、完全介護のような状態でした。お風呂も一人で入れないほどで夫に入れてもらって、体や頭も洗ってもらいましたね。風呂上りに服を着る元気もないので、ベッドにバスタオルを敷いてそこに寝転がって、夫に上から布団をかけてもらって少し休んで回復してから洋服を着る……というくらい、私の体調は悪かったです。

ーー壮絶でしたね……!

峰さん:臨月のときから有休を取ってくれたことは、本当にありがたかったです。その頃の私はメンタルも赤ちゃんみたいになってて。「ずっと家にいて!出かけちゃヤダ!」って駄々をこねたり。でも本気の赤ちゃんよりは妊婦のお世話をするほうがイージーモードなので、妊婦をサポートするのは夫にとって赤ちゃんのお世話の訓練になったんじゃないかと思います。

ーー出産自体も大変だったのでしょうか。

峰さん:出産自体は無痛分娩だったので、体力はそこまで削られなかったのですが、でも会陰切開の傷が本当に痛くて。産後1ヶ月くらいは椅子に座れなくて、またまた寝たきりだったんですよね。それで私は身動きが取れず、産後の1ヶ月は完全に夫のワンオペ育児でした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.