子育て情報『川崎希さん0歳長女の食いつきがすごい! 初めて「出汁をとって」離乳食、レシピ動画公開』

2021年7月8日 11:58

川崎希さん0歳長女の食いつきがすごい! 初めて「出汁をとって」離乳食、レシピ動画公開

初めての味なのにパクパク

目次

・初めての味なのにパクパク
・天使か!可愛すぎてネットがざわついた美人ちゃんショット
・こんなに食べてくれるなら作り甲斐がありますね
・大人も赤ちゃんも一緒に! 離乳食でそうめんをあげるポイント
949265180


川崎希さんとアレクさん夫妻は、2017年8月に誕生した長男と、昨年10月に生まれた長女の子育て真っ最中。InstagramやYouTubeで、日々の成長を逐一報告しています。

パパママ譲りのクリクリ大きく透き通った瞳と色白肌、愛らしい笑顔で文字通りの美人さんな長女は、離乳食もパクパク食べてぐんぐん成長中です。ただ、今まではゆでたニンジンやキャベツだけをすりつぶしたものなど、味付けをしていない素材そのままを与えていたそうで、今回の動画では初めて「出汁で味付けしたもの」をあげることに。

昆布とかつおぶしでとった出汁は、塩気がなく大人には少し物足りない味だったようですが、赤ちゃんにはちょうどいい優しさ。みじん切りのニンジンとキャベツを出汁でやわらかく煮込み、そのあいだに別の鍋で湯を沸かして赤ちゃん用のそうめんを茹でます。

このそうめんはホウレンソウが練り込まれていて、赤ちゃん用の食品として売られているもの。生後8ヶ月の場合はまだ長い麺状のものを食べさせるのは不安なため、麺も茹でてぬめりをとってからみじん切りにし、出汁と野菜と一緒に煮込めば完成。

川崎さんがキッチンで調理と撮影中、子どもはアレクさんがお世話していました。家族での夕食タイムに初めて、出汁の味が付いた離乳食を食べた美人ちゃんの反応はというと……最初は衝撃を受けたのか「んっ!こ、これは……」と聞こえてきそうな表情をしましたが、どうやらお口に合ったのでしょう、モリモリ食べ進めていました。お気に入りの一皿になったようですね。

天使か!可愛すぎてネットがざわついた美人ちゃんショット


こんなに食べてくれるなら作り甲斐がありますね

大人も赤ちゃんも一緒に! 離乳食でそうめんをあげるポイント

赤ちゃん用のそうめんではなく、一般的なそうめんも赤ちゃんの離乳食では定番人気の食材です。

そうめんは、小麦粉と塩でできています。乳児期の塩分には気を付ける必要があり、生後5~6ヶ月の離乳食初期は、まだ避けたほうがいいでしょう。しっかり茹でこぼせば(食材を茹でたあと、茹でた汁を捨てること)多くの塩分は茹で汁のほうに移行するので、生後7~8ヶ月の離乳中期からあげても大丈夫です。そうめんはたっぷりのお湯で茹でたあと、水にさらしてよく洗いましょう。

あげかたは月齢によって異なってきます。(※月齢は目安です)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.