子育て情報『神田うのさんが流産を明かす「結局1人しか生めなくてごめんね」。流産を経験する女性は少なくない』

神田うのさんが流産を明かす「結局1人しか生めなくてごめんね」。流産を経験する女性は少なくない

神田うのさん、三度の流産を経験したと投稿

目次

・神田うのさん、三度の流産を経験したと投稿
・すっかり大きくなった長女・こうのちゃんとママ
・一人娘への愛と責任を語る神田うのさん
・「こうのちゃん」との原宿デート動画も!
・流産はお母さんのせいじゃない
1126822728


神田うのさんは7月12日にInstagramを更新。父の76歳の誕生日を家族でお祝いしたそうで、10歳になる娘の「こうのちゃん」が描いたイラストや家族写真を投稿しました。

その中で、「『2人の可愛い孫娘に囲まれてグランパ幸せだね』って母が父に言っている姿を見て、こちらも幸せな気持ちになりました」「私は娘の後3度の流産をし結局1人しか産めなくてごめんねと思った時もありました」と、過去の経験を明かしています。

そうした経験も経て、現在は、「多くを望まず、今ある全てに感謝し、幸せを感じられる心を持つ両親の姿を見て、私もそうありたいなと思いました」と考えるようになったそうです。

神田うのさんは2007年に結婚し、2011年に36歳で長女を出産。2019年に出演したテレビ番組でも、「妊娠したんですけど、残念ながら流産しまして。それが二度目の流産」と告白していたことがあります。そのときは3ヶ月で赤ちゃんが動かなくなってしまい、とてもつらかったと話していました。

すっかり大きくなった長女・こうのちゃんとママ



(※画像は右にスワイプしてください)

お子さんが10歳になる今年、神田うのさんもママ10周年。昨年から始めたYouTubeチャンネルでは、「子育てで自身は成長している。成長せざるを得ない状況に追い込まれている」とうれしそうに語る動画も公開しています。

お子さんを産む以前は、朝5時半まで外で遊んでいる生活だったのが、現在は朝5時半に起きる生活に激変。子どもを通じて新しい世界が広がったぶん、それまでの付き合いを減らし、今までいた世界を閉じていかなければならない部分もありますが、「好きで子どもを産んでいるわけですから、ありがたいこと」「子育てっていいかに自己犠牲できるか。犠牲というと言葉は悪いかもしれないけれど、優先順位の1番が子ども。命を預かっているわけだから、そこを蔑ろにすることはない」とキッパリ言いきっていました。

一人娘への愛と責任を語る神田うのさん

「こうのちゃん」との原宿デート動画も!

流産はお母さんのせいじゃない

妊娠の早い時期に赤ちゃんが亡くなってしまう「流産」。赤ちゃんがお母さんのおなかの外では生きていけない妊娠22週よりも前に妊娠が終わってしまう場合を、流産と呼びます。

実は、流産を経験している女性は決して少なくありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.