子育て情報『平野ノラさん、搾乳した母乳を捨てることに「なんだかモヤモヤしてかなぴー」と働くママの心情吐露』

2021年7月14日 11:22

平野ノラさん、搾乳した母乳を捨てることに「なんだかモヤモヤしてかなぴー」と働くママの心情吐露

「冷静になると乳搾りしてる自分が何だが笑えてきます」

目次

・「冷静になると乳搾りしてる自分が何だが笑えてきます」
・ロケバスで搾乳するノラさん
・仕事復帰で直面する「搾乳」問題
123684371


今年3月に42歳で第一子となる女児の“バブ子”ちゃんを出産した平野ノラさん。5月のゴールデンウィーク明けから仕事を再開していますが、母乳とミルクの混合育児をしているようで、Instagramに「搾乳ナウ!」とロケバス内で搾乳中の写真を公開しました。

平野さんは同じ写真をブログにも投稿し、「『働くママの搾乳事情』お察しします」という書き出しで、次のように少し切ない気持ちを綴っています。

「ロケバスに鳴り響く搾乳機の音
冷静になると乳搾りしてる自分が何だが笑えてきます。。。
でも、現場に冷蔵庫なかったり
保管できない温度や環境で
搾乳した母乳を捨てる時ってなんだか
モヤモヤしてかなぴーですね
やっとやっと出た日の事を昨日の様に覚えてます
貴重な一滴でした!
今は混合ですが、がんばれるところまでがんばりたいです
ご配慮ありがとうございます
ママさんお疲れバブリー!
後半戦もがんばるんば!」

7月1日のブログ記事では、いつも仕事から帰宅すると即座に授乳していると投稿。ぱんぱんに張っていたおっぱいが、「しゅるるるる〜っ」と軽くなり、「その度に、バブ子が救世主に見えてきます」という平野さん。

「いつか来る卒乳、いつ来ても後悔ないように
飲む姿を毎日しっかり目に焼き付けています
なるべく長い期間飲んでくれたらうれぴーなと
母は思うのでした」

と、母心を綴っていました。

ロケバスで搾乳するノラさん


仕事復帰で直面する「搾乳」問題

466457197


産後、仕事を再開したお母さんがまず直面する「搾乳」問題。体は母乳が出る状態なのに、何時間も授乳せずにいると、母乳パッドをつけてもビショビショになったり、乳房が張って痛くなったりします。

平野さんは使用している電動搾乳器の写真も公開していましたが、電動搾乳機を使うと、効率よく搾乳できます。ただ、荷物がどうしても多くなってしまううえ、電源のある場所でしか使えないため、外出先で使いにくいのが難点です。一方で手動式の搾乳機は持ち運びしやすいというメリットがありますが、電動式に比べるとどうしても疲れます。一長一短ですね。

また、平野さんの投稿にもあるように、せっかく搾乳しても、清潔を保ち冷蔵・冷凍などが可能な環境でなければ、母乳を保管して赤ちゃんに飲ませることはできません。あふれる母乳を捨てなければならないとき、なんだかモヤモヤしてしまう気持ちは、多くのママが経験しているでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.