子育て情報『「1年に2回出産」妊娠中の光上せあらさん「陣痛のような痛みが走り冷や汗が止まらず」胃腸炎に感染、0歳長女もRSウイルスに』

2021年7月16日 17:00

「1年に2回出産」妊娠中の光上せあらさん「陣痛のような痛みが走り冷や汗が止まらず」胃腸炎に感染、0歳長女もRSウイルスに

妊娠中の光上せあらさん、娘のRSウイルスに加え胃腸炎でダウン

目次

・妊娠中の光上せあらさん、娘のRSウイルスに加え胃腸炎でダウン
・すでにお腹はだいぶ大きく
・RSウイルス感染症とは
678716712


昨年9月に第一子女児を出産し、その2ヶ月後に第二子を授かったという光上せあらさん。「つまり私は、1年に2回出産をします!」と明かし、まだ0歳の長女を育てながら妊娠生活を送ってきました。長女の夜泣きや慣らし保育、自身の妊娠糖尿病疑惑など次から次へとトラブルに見舞われる中、今度は長女がRSウイルスにかかってしまったそうです。さらに彼女自身も胃腸炎に……。

光上さんは7月15日、「娘また風邪をひきました」と投稿。鼻水と咳、38度の熱があり「RSが流行ってるので今日はその検査もできたらいいな!!いやーRSだけはやめてほしい」と祈っていたものの、受診結果は「即陽性」で、娘さんはやはりRSウイルスにかかっていたそうです。

おまけに、その日の昼食後から今度は光上さんも胃腸の具合がおかしくなり、「陣痛のような痛みが走り冷や汗が止まらず」「下痢と嘔吐が止まらなくて冷や汗かきながらトイレにいる」「本当にお腹がねじれるような、死ぬかもと思う痛み」と、尋常でない苦痛を覚えている様子をブログに綴っています。

「娘がママーと泣いて探していて
トイレの外で扉をバンバン叩いてる
ふと
ああ、私は今日という日を忘れやしないだろう
と思いました。」
(光上せあらさんブログより引用)

この数週間前にも、娘さんの風邪がママにうつって長引き、さらにパパにもうつって大変だったという光上さん。日々、大変なことが続きますが、「今同じくお子さんがRSウイルスにかかっているお母さん、頑張りましょう!!」と鼓舞していました。

すでにお腹はだいぶ大きく


RSウイルス感染症とは

1033557364


今年、流行しているRSウイルス感染症。誰もが気づかないうちに経験済みの「風邪」の一種で、2歳までにほとんどの子が感染し、約7割の子は1歳までに感染を起こすと言われています。感染すると発熱や咳、鼻水などの症状があり、生後6ヶ月以下の赤ちゃんや心疾患のある赤ちゃんなどが感染すると、重症化するおそれがあります。

通常は冬に流行する感染症ですが、数年ほど前から流行の立ち上がりが早くなり、7~8月ごろから患者が増える傾向に。ところが今年はさらに早まっています。お住まいの地域の流行状況が気になる方は「自治体名+RSウイルス+感染症発生動向調査」で検索してみてください

RSウイルスに感染すると、2~8日の潜伏期間を経て、鼻水や咳、38℃程度の発熱などといった風邪の症状が出ます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.