子育て情報『平愛梨さん本気の産後ダイエット・ビフォーアフター公開「#エステには行ってないよ」』

2021年7月27日 11:20

平愛梨さん本気の産後ダイエット・ビフォーアフター公開「#エステには行ってないよ」

つかりながら身体中についた脂肪をとにかく絞る…というか削るイメージ!」で徹底的にマッサージするという平さん。「このお風呂に浸かる時間が私にとってはとても重要」とのこと。

ハッシュタグでは「#エステには行ってないよ」「#長風呂が大事」「#やる気という本気が重要」「#痩せたり太ったりする体質」「#お菓子も大好き」と赤裸々に明かし、食べたいものを食べ、そのぶん汗を流すのが平さん流のボディメイクのようです。

平愛梨さん、ビフォーも可愛すぎるのですがそれは……



(※画像は右にスワイプできます)

産後ダイエットは栄養バランスの良い食事と適度な運動を

産後、一番大事なのはなんといっても、疲れている体をいたわること。産後しばらくの間は、基本的に安静にしておく期間です。産後ダイエットを始めるとしたら、1ヶ月健診で問題がないと言われてからにしましょう。

産前は極端な食事制限や激しい負荷のかかる運動をしていた、というママさんもいるかもしれません。でも、育児は体力勝負ですから、無茶なダイエットでママが体調を崩しては大変です。そもそも、産後1ヶ月健診が済んだからといって突然「運動するぞ!」と動いても、筋力的にも無理があります。

まずは産褥体操でウオーミングアップしておくといいでしょう。産褥体操には、産後ダイエットの運動のウオーミングアップになるエクササイズがいろいろ。産褥体操の目的は「痩身」ではないのですが、本格始動の前準備になります。

ウオーキングもおすすめ。激しい運動ではありませんが、体内の血流循環をよくして、カロリー消費をスムーズにします。週に1回まとめて数時間するよりも毎日コツコツ続けることがダイエットになるので、毎日30分を続けて歩いても、10分ずつこまめに歩くのでもかまいません。赤ちゃんが外に出られる時期になったら、抱っこひもやベビーカーを利用して快適な時間帯を選んで散歩しましょう。姿勢を正し、腹式呼吸も意識しながら歩けば、より効果的です。

産後のママ向けのエクササイズプログラムもあります。ヨガやダンスなど様々な産後クラスが各地で開催されており、中には自治体の「子育て応援券」などが使用できるサービスも。現在はオンラインになっているプログラムも多いと思うので、自宅から参加しやすいのではないでしょうか。

また、「母乳育児は痩せる」と言いますが、確かに母乳育児をすると妊娠中に蓄えられた脂肪も消費するので、体重減少が期待できます。母乳育児中には食事量を減らさず、主食・主菜・副菜をバランスよく食べるようにしましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.