子育て情報『たんぽぽ白鳥久美子さん、新生児育児でパパ活躍! 汗だくで沐浴・抱っこ、ミルクづくり⇒授乳は「毎回死闘ですね」』

2021年8月30日 12:03

たんぽぽ白鳥久美子さん、新生児育児でパパ活躍! 汗だくで沐浴・抱っこ、ミルクづくり⇒授乳は「毎回死闘ですね」

ミルクづくり⇒授乳は「毎回死闘ですね」

目次

・ミルクづくり⇒授乳は「毎回死闘ですね」
・赤ちゃん用おむつを装着して吸水力を実際に試したチェリーさん
・赤ちゃんのミルク、調乳する時のポイント
1195681351


8月17日に帝王切開で出産した白鳥久美子さんは、25日にブログで退院を報告。コロナ禍での出産だったため、チェリーさんは退院してからようやく我が子を抱っこできたそうです。

29日、チェリーさんは家庭での育児事情をブログに投稿し、「時に赤ちゃんは親の思うように寝てはくれない朝方だろうが夜中だろうがつねに奥さんは起きてミルクあげオムツ替えて、てんてこ舞いの毎日だ」と綴りました。

しかし、母乳をあげる以外のことは、全部パパだって同じようにできます。チェリーさんも、「初ミルクあげ」に挑み、その厄介さを痛感したそう。

「ミルク瓶から煮沸消毒し粉ミルクスプーン擦り切れで測りお湯で溶かし、水で冷まし絶妙なタイミングでミルクをあげる
この行程の大変なこと
早く飲ませてよ!
泣く娘
焦る父
毎回これが死闘ですね」
(チェリー吉武さんブログより)

赤ちゃんのミルクづくりは、消毒と調乳に時間がかかるうえ、飲ませるのもイッキにはいかず何十分もかかるので、決して楽な作業ではないのですよね。この投稿には、読者から「流水をあてて冷ますのではなく、湯冷ましを作っておくと便利ですよ」といったアドバイスも寄せられています。

また、白鳥さんによれば、チェリーさんは滝のような汗を垂らして一生懸命、沐浴やおむつ替えをこなし、赤ちゃんを抱っこして揺らしているそう。育児の過程では体力的にもメンタル的にもしんどいことはあるものですが、日に日に成長していく赤ちゃんとの生活を楽しめるといいですね。

赤ちゃん用おむつを装着して吸水力を実際に試したチェリーさん

赤ちゃんのミルク、調乳する時のポイント

缶タイプの粉ミルクやスティックタイプ、キューブタイプなど、人工ミルクにもいろいろな種類があり、とても便利ですよね。ただ、慣れるまでのミルク作りは意外と大変です。衛生面などで気を付けるポイントがたくさんあるからです。

<哺乳瓶の洗浄と消毒は必須>
まず、哺乳瓶や乳首は、使うたびにきれいに洗うこと。哺乳瓶を各パーツに分解し、ミルクのカスが残らないように洗剤と流水を使ってすみずみまで洗います。消毒は熱、または薬液で行います。煮沸消毒の場合は、鍋にかぶるくらいの水を入れて火にかけ、グラグラ煮立ったら火を止め、瓶をトングや菜箸でとりだして乾燥させます。電子レンジで加熱消毒する便利なグッズもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.