子育て情報『たんぽぽ白鳥久美子、乳首の激痛にひたすら耐え「あたしゃ激痛だよ!!」⇒ そ授乳で乳首が痛くなる原因とは』

2021年9月16日 11:30

たんぽぽ白鳥久美子、乳首の激痛にひたすら耐え「あたしゃ激痛だよ!!」⇒ そ授乳で乳首が痛くなる原因とは

「オムツ⇒乳首痛い⇒腹減った⇒乳首痛い」の繰り返し

目次

・「オムツ⇒乳首痛い⇒腹減った⇒乳首痛い」の繰り返し
・赤ちゃんのオムツを履き比べたパパもメッセージには気づかなかった模様
・乳首の痛み、なぜ起こる?どうケアしたらいい?
1302168749


白鳥久美子さんは8月17日に第一子となる女の子を出産。現在、チェリー吉武さんはフランスから帰国しているものの、二週間の隔離期間中でまだ家には帰れていません。不在中は、実家からお母さんやお父さんが手伝いに来てくれているそう。

15日に更新したブログで白鳥さんは、「もうすぐ1ヶ月経つなんて!バタバタしてたら
アッ!という間ですね。元気に育っておくんなまし!」と綴りました。産後の1ヶ月は一瞬に感じるほど、毎日が大忙しだったようです。

9月2日の投稿では、ひたすら「授乳、オツム替え、抱っこ」に追われていて、日にちの経つのも気づかないと吐露。授乳や抱っこをしたまま寝落ちし、「ヤバイ!爆睡しすぎた!」と焦って目覚めても10分しか経っていなかったり、時間の感覚が狂っていたそう。毎日が、「乳首痛いオムツ眠いかわいい写真撮りたいオムツ眠いかわいい腹減った乳首痛い傷口ムズムズする色々整理したい眠いオムツ頭回らない乳首痛い乳首痛い!」の繰り返しで終わると、ユーモラスに記していました。

それからおよそ10日。13日の投稿では、乳首の激痛に苦しむ日々を、もうしばらく頑張れば抜けられそうな気がすると明かしました。

白鳥さんはマタニティフォト撮影にも協力してくれた仲良しの女芸人で先輩ママ・まぁこさんに「乳首の向こう側に行ける日がくる」と聞いたそう。つまり、いつかは痛みを乗り越えられるということですが、「その向こう側までいつになることやら!!あたしゃ激痛だよ!!」と思っていた白鳥さんも、最近は「来たかもしれない…向こう側までとは言わないけれど、3軒隣りくらいまで来たかもしれない」と、その時が近いことを感じているようです。

「ピュアレーンラップひたすら耐える」というアドバイスを実践し、もうすぐ「向こう側」へ行けそうだという白鳥さん。1ヶ月も頑張ってきてすごいです。痛みのない乳首に戻れる日はきっとすぐそこですね。

赤ちゃんのオムツを履き比べたパパもメッセージには気づかなかった模様

乳首の痛み、なぜ起こる?どうケアしたらいい?

母乳育児をスタートしてすぐの頃は、乳首に痛みを感じるママが多いです。授乳中の姿勢や赤ちゃんの乳首のくわえ方によっては、吸わせるたびに乳頭が痛くなり、場合によっては傷ついてしまうこともあるのです。乳首の痛みで母乳育児を断念せざるを得なかったという先輩ママも、少なくありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.